Date to Text

日時を指定のタイムゾーンで、与えられた形式に変換します。

入力

フィールド定義タイプ必須
start形式を変換する日時の値。日付&時刻TRUE
format startフィールドの入力値について、日付形式を指定するコード。たとえばM/D/Yと指定すると9/7/2016が生成され、時刻にhh:mm aと指定すると09:05 amのような時刻が生成されます。書式コードについてはDate to Textを参照してください。 StringTRUE
zoneTZタイムゾーンで、US/PacificEurope/Parisなど。StringTRUE

出力

フィールド定義タイプ
output 指定されたタイムゾーン、選択した形式で表現された日付のテキスト。String

書式コード

日付と時刻は、次に示すコードの組み合わせと、スラッシュやカンマなどの固定文字を組み合わせて構築します。

  • Dは日付(1か月の中の)です。DDを指定すると、常に2桁で表記します

  • Mは月です。 MMを指定すると、常に2桁で表記します

  • MMMを指定すると、月の3文字の略称が表記されます。MMMMを指定すると完全な月の名前が使用されます

  • Yは4桁の年です。YYを指定すると2桁で表現します

  • hは時間(1~12)で、hhを指定すると常に2桁で表記します。

  • Hは時間(0~23)で、HHを指定すると常に2桁で表記します。

  • mmは分です

  • ssは秒です(「ss.SSS」のようにSを追加するとミリ秒も含まれます)

  • aは「am」または「pm」を表記します。Aは「AM」または「PM」の表記になります

  • Zはタイムゾーンをオフセット形式で表記します(例:「-07:00」)。zはコードで表記します(例:「PDT」)

  • dは曜日(1=月曜日)、dddは曜日の略称(例:「Mon」)、ddddは曜日の完全な名前(例:「Monday」)を表記します

ISO日付が 2016-09-07T00:01:25.670Z 、ゾーンが「US/Pacific」の場合は次のようになります。

  • 書式「M/D/Y」を指定すると、 outputは「9/6/2016」になります

  • 書式「h:mm a z」を指定すると、 outputは「9:01 am PDT」になります

  • 書式「dddd, MMMM D, Y」を指定すると、 outputは「Wednesday, September 7, 2016」になります

  • 書式「D-MMM-YY HH:mm:ss.S z」を指定すると、outputは「7-Sep-16 09:01:25.6 PDT」になります

現在の日時を書式指定する場合、Nowカードを使用し、[date(日付)]フィールドをNowカードから、Date to Textカードの[Start(開始)]フィールドにドラッグ アンド ドロップします。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について