Text to Date

テキストの内容から、指定された書式に従って日付と時刻を作成します。

注

ほとんどの標準的な形式については、この関数は必要ありません。任意の標準的な日付と時刻のテキストを日付入力に渡せば、自動的に変換されます。この関数は標準でない、または不明瞭な形式、たとえば値2/11-Feb2-Janのどちらにも読み取れるような場合に使用します。

入力

フィールド定義タイプ必須
start日付と時刻の値に変換するテキスト。文字列TRUE
formatstartフィールドの入力値のデータ書式コード。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
output指定された書式コードに基づき、start入力値に対応するデータオブジェクト。日付&時刻

書式コード

入力の日付と時刻の書式は、次に示すコードの組み合わせと、スラッシュやカンマなどの固定文字を組み合わせて指定します。

  • Dは日付(1か月の中の)です。DDを指定すると、常に2桁で表記します。

  • Mは月です。 MMを指定すると、常に2桁で表記します。

  • MMMを指定すると、月の3文字の略称が表記されます。 MMMMを指定すると完全な月の名前が使用されます。

  • Yは4桁の年です。YYを指定すると2桁で表現します。

  • hは時間(1~12)で、hhを指定すると常に2桁で表記します。

  • Hは時間(0~23)で、HHを指定すると常に2桁で表記します。

  • mmは分です。

  • ssは秒です(「ss.SSS」のようにSを追加するとミリ秒も含まれます)。

  • aは「am」または「pm」を表記します。Aは「AM」または「PM」の表記になります。

  • Zはタイムゾーンをオフセット形式で表記します(例:「-07:00」)。

  • dは曜日(1=月曜日)、dddは曜日の略称(例:「Mon」)、ddddは曜日の完全な名前(例:「Monday」)を表記します。

  • x を指定すると、1970年1月1日、GMTの真夜中から数えた「unixのミリ秒単位」形式のタイムスタンプが生成されます。

  • Xを指定すると、1970年1月1日、GMTの真夜中から数えた「unixの秒単位」形式のタイムスタンプが生成されます。この形式は「epoch」または「unixタイムスタンプ」とも呼ばれます。

  • startが「1/2/2016」で、formatが「D/M/Y」なら、outputは「 2016-02-01T00:00:00.000Z」です。

  • startが「1/2/16」で、formatが「M/D/YY」なら、outputは「 2016-01-02T00:00:00.000Z」です。

  • start1493053116で、 formatXなら、 outputは「 2017-04-24T16:58:36.000Z」です。

RFC2822形式を使用しているTwilioコネクタから日付を変換する場合、 formatを「ddd, DD MMM YYYY HH:mm:ss Z」に設定します。たとえば、これによってTwilio日付の「Wed, 30 Nov 2016 03:17:37 +0000」は日付形式「2016-11-30T03:17:37.000Z」に変換されます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について