Info

ファイルの情報を取得します。使用するには、フローでこの関数より前にダウンロードしたファイルのFile Contentsを入力に設定します。 出力には、そのファイルについての情報が含まれます。

入力フィールド

  • File Content (ファイル):ファイルの内容のID

出力フィールド

  • Filename (テキスト):ダウンロードしたファイルの名前

  • Extension (テキスト):ファイル名の拡張子で、多くの場合は.jpg、.png、.csvなどファイルタイプを定義します

  • Size (数値):ファイルのサイズ(バイト単位)

  • Created (日付):ファイルが作成された日時

  • Updated (日付):ファイルが更新された日時

正しく実行され、Google Imagesからjpegファイルがダウンロードされた例を次に示します。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について