Download

HTTPまたはHTTPSを使用して、Workflowsファイルシステムにファイルをダウンロードします。 ブラウザーのURLを使用してアクセス可能な画像やドキュメントなどのファイルは、この関数でダウンロードできます。

注

この関数は、Box、OneDrive、Google Driveなどの共有可能リンクをサポートしていません。

入力フィールド

  • URL (テキスト):リクエストのURLで、プロトコルのhttp://やhttps://も含みます

  • Headers (テキスト):ユーザーにより作成されるフィールドで、ファイルリクエストに使用するヘッダーを定義します

  • Query (テキスト):ユーザーにより作成されるフィールドで、ファイルリクエストに使用するクエリーパラメーターを定義します

出力フィールド

  • File Content (ファイル):ファイルの内容のID

  • Filename (テキスト):ダウンロードしたファイルの名前

  • Size (数値):ダウンロードしたファイルのサイズ (バイト単位)

Download関数の使用法

この関数を使用するには、次の操作を行います。

  1. URLを、http://やhttps://の部分も含めて [URL] フィールドに入力します。

  2. [Query (クエリー)] セクションを使用してクエリー文字列を構築することもできます。

たとえば、https://www.example.com/download?filename=foo.txtからファイルをダウンロードするには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • 文字列全体をURL入力に設定します。

  • URLをhttps://www.example.com/downloadに設定し、filename入力を [Query (クエリー)] セクションに作成し、値としてfoo.txtと入力します。この方法は、フローの以前のステップで得られたfilenameの値を使用するより簡単です。フィールドを入力にドラッグできます。

  1. オプションとして、リクエストのヘッダーを設定します。

たとえば、サイトで認可が要求される場合、[Headers (ヘッダー)] セクションにAuthorizationキーを追加し、値を Bearer my-tokenに設定すると、「Authorization: Bearer my-token」というヘッダーを追加できます。 同様に、「Content-type: application/image」も設定できます。

  1. オプションとして、[File Content(ファイルコンテンツ)]出力フィールドのID値を別のカード、たとえばBoxアップロードカードにドラッグすることもできます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について