Multipart Upload

ソフトウェアのファイルシステムからWebサービスに、httpまたはhttpsを使用し、マルチパート形式のデータとしてファイルをアップロードします。 必要な入力フィールドのデータをフェッチするため使用するapiについて考慮してください。

出力は、サービスからの応答によって異なります。 特定の応答に正しくアクセスするには、応答オブジェクトのキーと同じ名前の出力を作成します。

注

この関数は、Box、OneDrive、Google Driveなどの共有可能リンクをサポートしていません。

出力

  • Use Custom File Parameter (はい/いいえ):カスタムのファイルパラメーターを使用するかどうかを指定します

入力フィールド

  • ファイル

    File Content (ファイル):ファイルの内容のID。 テスト関数を使用する場合、アップロードするファイルを選択できます

    File Name (文字列):ファイル名で、拡張子を含めます

  • Http

    • URL (テキスト):リクエストのURLで、プロトコルのhttp://やhttps://も含みます

    • Method (テキスト):使用するhttpメソッド(PUTまたはPOST)。

    • Headers (テキスト):ユーザーにより作成されるフィールド(テキスト)で、ファイルリクエストに使用するヘッダーを定義します

  • Data

    • input:ファイルのファイルIDやファイル名などのファイル属性

出力フィールド

  • Body (テキスト):JSONプロパティや値が解析された応答本文

  • Raw Body (テキスト):実行時に渡される未加工の応答本文

この例では、Boxにファイルをアップロードします。

  1. [Use Custom File Parameter(カスタムファイルパラメーターの使用)]ドロップダウンで、[No(いいえ)]を選択します。

このオプションにより、1つ以上のカスタム入力を指定し、名前を定義できます。これらの値は実行時に渡すことができ、これらのプロパティーと値はメッセージのマルチパート本文に含まれます。

  1. [File Content(ファイルコンテンツ)]フィールド出力を、DownloadカードからMultipart Uploadカードの[File Content(ファイルコンテンツ)]フィールドにドラッグします。

  2. [File Name(ファイル名)]フィールド出力を、DownloadカードからMultipart Uploadカードの[File Name(ファイル名)]フィールドにドラッグします。

  3. アップロードされるファイルの宛先としてURLを追加します。

URL入力には、http://やhttps://の部分と、クエリー文字列のパラメーターも含めます。

  1. [Method(メソッド)]ドロップダウンで、[POST]を選択します。

  2. 認可ベアラートークンを、[Header(ヘッダー)]フィールドのヘッダーとして渡します。

たとえば、[Headers(ヘッダー)]セクションにAuthorizationキーを追加し、値を Bearer my-tokenに設定すると、「Authorization: Bearer my-token」というヘッダーを追加できます。 同様に、「Content-type: application/image」も設定できます。

  1. カードの[Data(データ)]セクションにフィールドを作成し、attributesという名前を付けます。

  2. ファイルの属性(フォルダーIDとファイル名)を供給するJSONオブジェクトを渡します。このファイルは、Workflowsファイルシステムに存在している必要があります。以下に例を挙げます。

{ "parent": { "id": "108297462713" }, "name": "humans.txt" }

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について