Upload

WorkflowsファイルシステムからWebサービスに、HTTPまたはHTTPSを使用してファイルをアップロードします。

注

この関数は、Box、OneDrive、Google Driveなどの共有可能リンクをサポートしていません。

入力フィールド

  • File Content (ファイル):アップロードするファイルコンテンツのID

  • URL (テキスト):リクエストのURLで、プロトコルのhttp://やhttps://も含みます

  • Method (ドロップダウン):使用するhttpメソッド(PUTまたはPOST

  • Headers (テキスト):ユーザーにより作成されるフィールドで、ファイルリクエストに使用するヘッダーを定義します

出力フィールド

  • Body (テキスト):JSONプロパティや値が解析された応答本文

  • Raw Body (テキスト):実行時に渡される未加工の応答本文

Upload関数の使用法

この関数を使用するには、次の操作を行います。

  1. 既存のファイルタイプ(通常はファイルコンテンツと呼ばれます)を、フローの以前のカードからドラッグし、アップロードするファイルを識別します。たとえば、別のクラウドサービスからのダウンロードカードにあるファイルコンテンツを使用します。

  2. URLを指定します。URL入力には、http://やhttps://の部分と、クエリー文字列のパラメーターも含めます。

  3. HTTPメソッドとしてPUTまたはPOSTを選択し、サービスで必要なヘッダーを設定します。

一般に、特に認証の場合は1つ以上のヘッダーが必要です。

たとえば、サイトで認可が要求される場合、[Headers(ヘッダー)]セクションにAuthorizationキーを追加し、値を Bearer my-tokenに設定すると、「Authorization: Bearer my-token」というヘッダーを追加できます。 同様に、「Content-type: application/image」も設定できます。

出力は、サービスからの応答によって異なります。 特定の応答に正しくアクセスするには、応答オブジェクトのキーと同じ名前の出力を作成します。

Algorithmiaファイルシステムにアクセスする例を、次に示します。Algorithmiaでは、宛先ファイルの完全なファイルパスとファイル名をURLで指定する必要があります。また、認証トークン(実際のトークンに置き換えます)と、特定のContent-Typeも必要です。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について