Call Flow

現在のフローのコンテキスト内で、別のフローを実行します。 その別のフローが完了すると、今のフローが再開されます。

段落スタイルを維持したまま、このテキストを置き換えます(class=”noteContent”)。現在のフローが別のフローの完了を待つ必要がない場合、Call Flow Async関数カードを代わりに使用してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Helper Flowダイアログを使用して、現在のフローのコンテキスト内で実行するフローを選択します。既存のフローを選択するか、フローを作成します。ダイアログTRUE
With these inputsヘルパーフローにより定義される入力。これらのフィールドは、[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログを使用してフローを選択するとき、自動的に入力されます。各種FALSE

出力

ヘルパーフローから値を戻すには、出力フィールドを手動で作成する必要があります。それぞれの出力フィールドは、名前および型がフローから返される値と完全に一致している必要があります。たとえば、呼び出したフローがcitystateの2つの文字列を返す場合、Call Flowカードの出力フィールドは文字列に設定し、名前をcitystateにする必要があります。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について