Repeat

この関数カードは、ヘルパーフローを指定された回数だけ実行します。

この関数カードを使用するには、繰り返し実行するステップを持つヘルパーフローが必要です。 ヘルパーフローは、ヘルパーフローカードの[Context(コンテキスト)]セクションにある [Index(インデックス)]フィールドを使用して、現在のループ回数を受け取ります。たとえば、ヘルパーフローが最初に実行されるとき、[Index(インデックス)]フィールドの値は0、2回目は1、3回目は2のように増えています。

入力

フィールド定義タイプ必須
Helper Flowダイアログを使用して、指定の回数だけ実行するフローを選択します。既存のフローを選択するか、フローを作成します。ダイアログTRUE
With these options
countヘルパーフローを繰り返す回数。最大値は10,000です。数値FALSE
concurrencyヘルパーフローが並列実行される最大数。 実行が順に行われることが重要な場合は、1を入力します。 そうでない場合は、510など大きな数値を入力すると、フローが速く完了します。 数値FALSE

出力

このアクションカードには出力フィールドがありません。出力として値を返すには、List関数カードにある他のオプションを参照してください。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について