Put

概要

APIコネクターPut要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必須のURL入力と、オプションのauth、ヘッダー、本文、クエリー入力を指定します。それぞれのオプション入力は、単一のオブジェクト型入力、または適切なグループ属性を持つ複数のキーによりモデル化できます。出力には、headersとoutputの2つのキーを持つオブジェクトが返されます。outputキーには応答の本文、headersキーには応答ヘッダーが含まれています。複数のキーと適切なグループ化を使用すると、これらについてより詳細な情報にアクセスできます。

入力フィールド

  • URL (テキスト):Putリクエストに必要なURL

  • headers (セクション):指定されたURLへのPutリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「Content-Type」)を指定し、入力の値(例:「application/json」)を指定してヘッダーを作成します。 Putリクエストのヘッダーに必要な情報は、URLのプロバイダーにより指定されます。

  • query (セクション):指定されたURLへのPutリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「page」)を指定し、入力の値(例:「1」)を指定してクエリー文字列パラメーターを作成します。Putリクエストで利用可能なクエリー文字列パラメーターは、URLのプロバイダーにより指定されます。

  • body (セクション):指定されたURLへのPutリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「id」)を指定し、入力の値(例:「123」)を指定してヘッダーを作成します。 Putリクエストの本文に必要な情報は、URLのプロバイダーにより指定されます。

出力フィールド

  • statusCode数値):Putリクエストに関連付けられているステータス(200、404など)

  • body (セクション)Get Multipleの出力と類似の構文を使用しますが、応答本文の値を取得できるオプションのパスを指定します。

  • headers (セクション):応答ヘッダーから値を取得できる、オプションのキーを指定します。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について