At

リスト内で指定された位置のアイテムを返します。最初のアイテムは位置0です。

入力フィールド

  • listリスト):アイテムのリスト

  • index番号):選択するアイテムの位置。 リストの最初のアイテムは常にインデックス0、2番目はインデックス1、3番目はインデックス2の順です。

出力フィールド

  • item:リストの指定位置から得られたアイテム。itemlistと同じ型の必要があります(数値のリストなら、itemを数値に設定します)。

以下に例を挙げます。

  • list["one","two","three","four"]index0なら、item"one"です。

  • list[1,2,3,4,5]index2なら、item3です。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について