Difference

リスト(list1)から、2番目のリスト(list2)にも存在するアイテムを削除します。 出力は、list2に存在しないアイテムのみを含む、list1のサブセットである新しいリストです。 リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせん。 3つのリストはすべて同じ型に設定する必要があります。

入力フィールド

  • list (*のリスト):必須、フィルタリングするリスト。

  • list2 (*のリスト):必須、list1から削除するアイテムのリスト。

  • オプションとして、list1からフィルタリングする他のリストを追加できます

出力フィールド

  • list (*のリスト):出力リスト

list1:["andrew", "beth", "carla", "david", "elwood"``]

list2:["beth", "david", "frank", "gina" ]

出力リスト:["andrew", "carla", "elwood" ]

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について