For Each

リストを処理し、アイテムごとにヘルパーフローを呼び出します。

For Eachカードに戻り、使用するリストを入力してから、今構築したフローを選択します。 入力が自動的に設定されるので、その入力にデータをマップできます。入力がリストの各アイテムを受け付けるようマップするには、そのフィールドをクリックすると アイテムを含むドロップダウンが表示されるので、そこから選択します。 または、リストがオブジェクトのリストである場合、オブジェクトのスキーマ、つまり含まれているキーも表示されるので、そのキーを選択すると、ヘルパーフローがそれらを入力として受け付けるようになります。また、フローの以前のカードから出力をドラッグすることもできます。この場合、このリストの各アイテムについて同じ値が使用されます。

入力フィールド

  • list:このリストに対して実行します。

  • flow:リストの各アイテムについて、ヘルパーフローが1回ずつ呼び出されます。

  • with the following values (動的に生成):ヘルパーフローにより定義される入力で、[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログを使用してヘルパーフローを選択すると設定されます。

  • concurrency:リストのアイテムを並列に処理する数。 アイテムを順に処理することが重要な場合は1を使用します。それ以外の場合、5や10などの大きな数値を使用するとフローが速く完了します。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について