Group By

この関数はリストを取り、指定したパスにある元のリストの値でグループ分けしたオブジェクトを出力します。

指定したパスの値でアイテム(例:オブジェクト、文字列、数値)のリストをグループ分けしたオブジェクトを返します。入力リストで指定したパスの一意の値には、それぞれオブジェクトの対応するキーがあります。返されるオブジェクトの各キーでは、この関数はキーの指定したパスに一致する値を持つ入力リストからアイテムのリストを返します。

以下に例を挙げます。

以下を入力として取るシンプルな例です。

list = [

{"a": 1},

{"a": 2},

{"a": 3},

{"a": 3},

{"a": 3}

]

path = a

この関数は入力リストを取り、指定したパスでグループ分けして以下を出力します。

{

"1": [ {"a": 1} ],

"2": [ {"a": 2} ],

"3": [

{"a": 3},

{"a": 3},

{"a": 3}

]

}

以下を入力として取る、やや複雑な例です。

list = [

{

"a": 1

"b": {"c": 2, "d": 3}

},

{
"a": 4,

"b": {"c": 5, "d": 6}

},

{
"a": 7,

"b": {"c": 8, "d": 6}

}

]

path = b.d

前の入力では、関数がパスb.dの値の周囲に集まっているオブジェクトを出力します。

{

"3": [

{

"a": 1,

"b": {

"c": 2,

"d": 3

}

}

],

"6": [

{

"a": 4,

"b": {

"c": 5,

"d": 6

}

},

{

"a": 7,

"b": {

"c": 8,

"d": 6

}

}

]

}

}

],

"3": [

{"a": 3},

{"a": 3},

{"a": 3}

]

}

入力フィールド

  • list (アイテム(オブジェクト、文字列、数値)のリスト):指定したパスでグループ分けするオブジェクトのリスト
  • path(文字列):リストをグループ分けする値か要素

出力フィールド

  • output :出力オブジェクト。キーは元のリストの各要素のパスにある一意の値

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について