List to Text

この関数は、オプションのセパレーターを使用し、リストから単一のテキスト出力を生成します。たとえば、製品名のリストがある場合、この関数を使用して製品名のカンマ区切りリストを作成し、メールに含めることができます。

この関数は、テキスト、数値、True/False、または日付&時刻の型で使用できます。オブジェクトのリストからテキストを作成するには、最初にPluck関数を使用して、オブジェクトの単一のキーから値のリストを取得し、そのリストをJoinに渡します。

入力フィールド

  • list:このリストに対して実行を行います。 これはテキスト、数値、True/False、日付&時刻のいずれかのリストです。

  • separator (テキスト)出力テキストで、各アイテムの間に挿入される文字。 カンマのような単一の文字でも、カンマとスペースなど複数の文字でもかまいません。

出力フィールド

  • text:出力テキスト。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について