Pluck

この関数はオブジェクトのリストを受け付け、サブリストを生成します。入力リストの各オブジェクトから、keyで指定されたキーを抽出し、それらの値を出力リストに入れます。 list 入力はオブジェクトのリストであることが必要です。key入力は、各アイテムから抽出するキーを定義します。各アイテムのルートのキー名、またはサブオブジェクトのキーを指定するためのドット区切りパスを使用できます。 values出力リストの型は、そのキーパスにある値の型に設定する必要があります。型を正しく設定しないと、ほとんどの場合はフローを実行したときに型の不一致エラーが発生します。

入力フィールド

  • list (オブジェクトのリスト):このリストに対して実行を行います。 必ずオブジェクトのリストです。

  • key (テキスト):各入力アイテムから抽出するキー。 ドット区切りパスを使用できます。

出力フィールド

  • values:出力リスト。 リストのアイテムの型は、 パスで定義されているキーの値の型と一致するよう設定する必要があります。

list[{"name":"Bob","gender":"male"}, {"name":"Sarah","gender":"female"}]

keynameなら、

values (テキストのリストに設定します) は["Bob","Sarah"]です。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について