Unique Custom

カスタムロジックを使用して、リストから重複するアイテムを削除する方法を決定できます。

この関数を使用するには、アイテムが固有かどうかを判定するための値を計算する、ヘルパーフローが必要です。 たとえば、利用可能なボランティアのリストが存在するとき、専門分野と第一言語の組み合わせごとに1人だけを選ぶことができます。 指定したヘルパーフローは、リストのアイテムごとに1回ずつ起動され、各アイテムに対応する値を返します。 すべてのアイテムに値が割り当てられた後で、それぞれの固有の値について1つのアイテムのみを含む新しいリストが構築されます。

固有の値を判定するため必要な入力となるフィールドを、イベントカードに定義します。 通常は、リストのアイテムのフィールドを含めます。たとえば、テキストのリストなら、入力の1つを文字列にします。 また、フローで並べ替え値を計算するため必要なら、他の入力も含めることができます。 リスト内での現在のアイテムの位置を知るには、ヘルパーフローカードの[Context(コンテキスト)]セクションにある[Index(インデックス)]フィールドを使用します。 その後で、ヘルパーフローの他の部分を構築し、最後に単一の値を返す Returnカードを置きます。 Returnカードでの値の名前は何でもかまいません。 フローを保存してオンにします。

次に、Unique Customカードに戻り、重複アイテムを削除するリストを入力してから、今構築したフローを選択します。 入力が自動的に設定されるので、その入力にデータをマップできます。入力がリストの各アイテムを受け付けるようマップするには、そのフィールドをクリックすると アイテム を含むドロップダウンが表示されるので、そこから選択します。 または、リストがオブジェクトのリストである場合、オブジェクトのスキーマ、つまり含まれているキーも表示されるので、そのキーを入力として受け付けるヘルパーフローも構築できます。 また、フローの以前のカードから出力をドラッグすることもできます。この場合、このリストの各アイテムについて同じ値が使用されます。

入力フィールド

  • list:削除すべき重複アイテムが含まれている入力リスト

  • flow:リストの各アイテムについて、このヘルパーフローが1回ずつ呼び出されます。

  • with the following values (動的に生成):ヘルパーフローにより定義される入力で、[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログを使用してヘルパーフローを選択すると設定されます。

  • concurrency:リストのアイテムを並列に処理する数。 アイテムを順に処理することが重要な場合は1を使用します。それ以外の場合、5や10などの大きな数値を使用するとフローが速く完了します。

出力フィールド

  • list:出力リストで、ヘルパーフローにより返される固有の値ごとに、1つのアイテムのみが含まれます。 出力リストの型は、入力リストと一致する型、たとえばテキストのリストや、オブジェクトのリストに設定します。

  • ["this","is","a","test"]というテキストのリストがあるとします。

  • テキスト入力を受け付け、テキストの長さを返すヘルパーフローを作成します。

  • ヘルパーフローへのテキスト入力について、ドロップダウンをクリックして[Item(アイテム)]を選択します。

  • 出力リストには、長さごとに1つの単語のみが含まれ、["a","is","this"]となります。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について