XOR

XORは「排他的論理和」で、2つの入力リストを受け付け、入力リストの片方に含まれているが、両方には含まれていないアイテムすべてを含む、新しいリストを生成します。リストのアイテムは、テキスト、数値、オブジェクトなど、どのような型でもかまいせんが、両方の入力リストと出力リストのすべてが同じ型に設定されている必要があります。

入力フィールド

  • list1:アイテムの最初のリスト。

  • list2:アイテムの2番目のリスト。

出力フィールド

  • list:出力リストで、list1とlist2のどちらか片方にだけ含まれているアイテムのみが含まれます。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について