Formula

ドラッグアンドプロップしたフィールドと、入力した演算子、関数、数値を組み合わせて、数式を構築します。 数値フィールドは、数式の中で数値を置ける場所なら、どこにでも配置できます。実行時にフィールドの値を使用して数式が評価され、単一の 出力 数値が生成されます。

次の演算子を使用できます。

+ 加算

- 減算 (または負)

* 乗算

/ 除算

^ べき乗、例:10^2 = 100

% 剰余/モジュロ、例:12%5 = 2

! 階乗、例:3! = 6

#を使用して、式にコメントを追加できます (#の後に入力された部分はすべて、式の評価時に無視されます)

括弧を使用して演算をグループ化すると、その部分が先に計算されます。

また、次に示す標準の数値関数を使用できます (括弧の中に引数を入れます)。

abs:絶対値、例:abs(-10)は10を返します

ceil:最も近い整数に切り上げます

floor:最も近い整数に切り捨てます

min:カンマ区切りの数値のリストに含まれる最小値

max :カンマ区切りの数値のリストに含まれる最大値

round:最も近い整数に丸めます

random:0から与えられた数値までの間の乱数。括弧の中が空の場合は0から1までの間の乱数。例:random(10)またはrandom()

exp :指定された数値による eのべき乗

log:基数をeとする、値の対数

log10:基数を10とする、値の対数

pow:最初のパラメーターを、2番目のパラメーターだけべき乗した結果。例:pow(2,3) = 8

sqrt:値の平方根

pi:piの値 (括弧なしで使用します)

sin:指定された角度 (ラジアン) のサイン

cos:指定された角度 (ラジアン) のコサイン

tan:指定された角度 (ラジアン) のタンジェント

asin:-1から1までの値のアークサイン

acos:-1から1までの値のアークコサイン

atan:-1から1までの値のアークタンジェント

sinh:-1から1までの値の双曲サイン

cosh:-1から1までの値の双曲コサイン

tanh:-1から1までの値の双曲タンジェント

次に示すように、複数の演算を組み合わせることもできます。

(pi*(max(10,11,12)^2))+round(random(5))

また、数値フィールド (以前のカードで得られた出力を、計算の途中にドロップする) は、どの数値の代わりにも使用できます。

バイナリ演算には、 &(ビット単位AND)、~ (ビット単位NOT)、| (ビット単位OR)、^| (ビット単位XOR)、<< (左シフト)、>>(右シフト) を使用します。

入力フィールド

この関数には1つの大きな入力領域があり、入力された数値、演算子、数値関数と、ドラッグアンドドロップされた数値フィールドの組み合わせを受け付けます。

出力フィールド

output:実行時にフィールドの値を使用して式を評価した結果の数値。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について