Log

対数を計算します。これは、与えられた数値が基数の何乗であるかを意味します。

入力フィールド

  • input:対数を計算する数値

  • base:使用する基数、多くの場合は10

出力フィールド

  • output:数値が奇数の何乗であるかを表す数値

input100base10なら、10^2 = 100なので、output2です

input8base2なら、2^3 = 8なので、output3です

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について