Construct

ユーザー定義入力の組に基づいて、新しいオブジェクトを作成します。

入力フィールド

  • (ユーザーにより作成されるフィールド):出力オブジェクトに作成するキーごとに、1つの入力を作成します。入力の名前が、作成されるオブジェクトのキー名になります。それぞれの入力は、オブジェクトやリストも含めて任意の型に設定できます。

出力フィールド

  • output:新たに構築されたオブジェクト

顧客を表すオブジェクトを作成することを考えます。このオブジェクトには、"First name"、"Last name"、"Age"、"Loyalty?"の4つのキーが必要です。 それぞれのキー名について入力を作成してから、入力の型を設定します。名前フィールドのデフォルトは [Text (テキスト)] で、これは問題ありませんが、"Age"は [Number (数値)]に、"Loyalty?" (自社のロイヤリティープランのメンバーかどうか) は [True/False] に設定します。 これにより、カードは次のようになります。

次に、フィールドをドラッグしてカードを完成させます。 実行時に、フローがJane Smith、29歳でロイヤリティーのメンバーである顧客に対して実行されたとすると、出力オブジェクトは次のようになります。

この関数を使用して任意のオブジェクトを構築できます。 リストを含めて、あらゆる型の入力を設定できます。高度な使用法として、キーの1つをオブジェクトとして定義し、そのオブジェクトを実行時に構築するには、2つのobject.constructsを使用して、内側のオブジェクトを最初に定義してから、2番目のオブジェクトを定義し、キーの1つをオブジェクト型に設定できます。 最後に、最初のカードの出力を、2番目のカードにあるオブジェクトのキーにドラッグします。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について