Map to List

ヘルパーフローを使用してオブジェクトにキー単位の実行を繰り返し行い、出力としてリストを生成します。オブジェクトのキーごとに、1つのアイテムがリストに含まれます。 入力オブジェクトの各キーについて、そのキーの キー名と でヘルパーフローが呼び出されます。これらは、[Choose Flow(フローの選択)]ボタンを使用してヘルパーフローを選択してから、ヘルパーフロー入力のドロップダウンを使用して選択できます。

ヘルパーフローの出力は、new listに指定した型と一致する必要があります。入力オブジェクトのそれぞれのキーと値のペアについて、1つの出力リストアイテムが生成されます。

入力フィールド

  • object (必須):値を取得する元のオブジェクト、またはオブジェクトのリスト

  • flow (必須):それぞれのキーと値のペアを処理するヘルパーフロー

  • (動的に生成):ヘルパーフローにより定義される入力

  • concurrency:並列に処理するキーの数

出力フィールド

  • new list:子フローからのキーと値のペアにより形成される新しいリスト。

オブジェクトをオブジェクトのリストに変換し、キーと値の各ペアを、"propertyname"キーと"propertyvalue"キーを持つオブジェクトに変換することを考えます。これはクラウドAPIで一般的なパターンです。 propertynameには、"custom:"というプレフィックスも付ける必要があるとします。このためには、キー、 、および一定のプレフィックス (すべての繰り返しで同じもので、親フローから渡します) を受け付け、2つのキーを持つオブジェクトを返す、次のようなヘルパーフローを使用します。

このフローをMap to Listで使用すると、次のオブジェクトが

次のリストに変換されます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について