Move

値をキーから別のキーに移動します。これは本質的に、値を維持したままキーの名前を変更することになります。

入力フィールド

  • object:操作するオブジェクト

  • source:名前を変更する値を含む、元の オブジェクト のキー

  • destination:値を移動する先の新しいキー

出力フィールド

  • output:新しいオブジェクトで、名前を変更されたキーと値のペアはオブジェクトの末尾に移動されます

入力のobject{"one":"hello", "two":"goodbye"}

sourceonedestinationthreeなら、

outputオブジェクトは{"two":"goodbye", "three":"hello"}になります

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について