Map

ヘルパーフローを使用してオブジェクトをキーごとに処理し、出力として新しいオブジェクトを作成します。 入力オブジェクトの各キーについて、そのキーの key名と valueでヘルパーフローが呼び出されます。これらは、[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログを使用してヘルパーフローを選択してから、Designerのドロップダウンを使用して選択できます。

ヘルパーフローは、Returnカードを使用して keyvalueの2つの値を出力する必要があります。 それぞれのkeyとvalueのペアは、出力オブジェクトの1つのキーを形成します。また、ヘルパーフローはContinue Ifや類似のロジックを使用して、一部のキーをフィルタリングして除外できます。ヘルパーフローがKey/valueのペアを返さずに完了した場合、その回の繰り返しでは出力オブジェクトのキーが作成されません。

入力フィールド

  • object必須):処理対象のオブジェクト、またはオブジェクトのリスト

  • flow必須):それぞれのキーと値のペアを処理するヘルパーフロー

  • (動的に生成):ヘルパーフローにより定義される入力

  • concurrency:並列に処理するキーの数

出力フィールド

  • output:ヘルパーフローからのkey/valueペアにより形成される新しいオブジェクト

オブジェクトをフィルタリングし、値が文字「t」で始まるすべてのキーを削除することを考えます。このために使用するヘルパーフローは、keyvalueを受け付け、valueの最初の文字を取得し、その文字が「t」でなければ同じ keyvalueをエコーバックします。

このフローをMapで使用すると、オブジェクト

{ "this": "that", "up": "down", "left": "right", "one": "two" }

は、次のオブジェクトに変換されます。

{ "up": "down", "left": "right" }

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について