Set

オブジェクトのキーを指定された値に設定します。キーが存在しない場合は新たに作成されます。

入力フィールド

  • object:元のオブジェクト。

  • path:単一のトップレベルのキー名 (例:「customer」)、またはドット区切りパス (例:「customer.id」で、「id」はサブオブジェクト内のキー、または「items.5」で、5はリスト内の要素) を使用できます。またはpathの型を変更し、テキストのリストを受け付け、各テキストがパスの単一のキー名を含むようにすることもできます。

  • value:キーの新しい値。 valueの型は、キーに要求される型 (例:テキストまたは数値) と必ず一致するよう設定してください。

出力フィールド

  • output:指定されたパスの値が更新された、新しいオブジェクト。

object{"foo":"1"}pathfoovalue2なら、output{"foo":"2"}です。

object{"foo":"1"}pathbarvalue2なら、output{"foo":"1","bar":"2"}です。

object{"foo":"1"}pathbar.bazvalue2なら、output{"foo":"1","bar":{"baz":"2"}}です。

object{"foo":["0","1","2"]}pathfoo.1value9なら、output{"foo":["0","9","2"]}です。

object{"foo":{"bar":"1"}}pathfoo.barvalue2なら、output{"foo":{"bar":"2"}}です。

または、 pathの型をテキストのリストに設定し、「foo」と「bar」をリストのアイテムとして渡しても、同じ結果を得ることができます。

テキストのリストを使用する場合、ドットは目的のキー名の一部と想定されるため、pathがリストに設定されているときfoo.barを入力として使用すると、output{"foo":{"bar":1},"foo.bar":2}が返されます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について