Unset

オブジェクトのキーと値のペアを削除します。

入力フィールド

  • object:キーと値のペアを削除する元のオブジェクト

  • path:削除するキー。トップレベルのキー名、サブキーへのドット区切りのパス、またはキー名のリストです (以下の例を参照)

出力フィールド

  • output:新しいオブジェクト。

単純な例として、トップレベルのキーを削除するには、キー名のみをパスとして指定します。たとえば、object{"foo":1, "bar":2}path が「foo」なら、output{"bar":2}になります。

パスを使用して、サブオブジェクト内のキーを指定することもできます。この場合、ドットがサブオブジェクトを示します。たとえば、object{"a":"one", "b":{ "foo":1, "bar":2}}pathが「b.foo」なら、output{"a":"one", "b":{ "bar":2}}になります

数値を使用し、リストのn番目の要素を指定することもできます。有効なパスの例は「foo.7.bar」で、「foo」キーのオブジェクトのリストから、7番目の要素にある「bar」というキーと値のペアを削除することを示します。

このドット区切りパスは単純かつ強力ですが、すべての場合に使用できるわけではありません。a) キー名にドットが含まれている場合、b) キー名が数値の場合、には使用できません。 この場合、テキストのリストを使用してパスを明示的に制御できます。リストの各アイテムは単一のキーとして扱われます (数値やドットの解釈は試みられません)。たとえば、object{"a":"one", "b.foo":{ "7":"bar", "8":"baz"}}なら、pathをリストに設定(型のドロップダウンで)し、最初のアイテムを「b.foo」、2番目のアイテムを「7」にすると、output {"a":"one", "b.foo":{ "8":"baz"}}が得られます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について