Find Email

テキスト内にある、最初の有効なメールアドレスを探して返します。たとえば、入力が「You can reach me at fred@example.com or support@example.com」なら、出力は「fred@example.com」です。

入力フィールド

  • text:メールを検索する対象のテキスト

出力フィールド

  • email:メールが見つかった場合、そのメール。入力に有効なメールアドレスが含まれていない場合、出力フィールドは空です

使用例

  • メール発信の検証:Find EmailアクションをReturn ErrorContinue IfIf/Else、その他の関数と組み合わせて使用すると、メールフィールドの発信を検証し、適切なアクションを行うことができます。たとえば、次のスクリーンショットでメールの発信が有効なメールでない場合、Return Error Ifアクションでエラーがスローされます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について