XNOR

True/False演算子で、両方の入力がtrue、または両方の入力がfalseならtrue、それ以外の場合はfalseを返します。これは、排他的論理和 (XOR) の逆の動作です。

入力フィールド

  • input 1:最初のtrue/false値

  • input 2:2番目のtrue/false値

出力フィールド

  • output:true/false値

    • true:両方の入力がtrue、または両方の入力がfalseの場合

    • false:入力フィールドの1つがtrueで、もう1つがfalseの場合

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について