Format

URL文字列をコンポーネントから構築します。

入力

フィールド定義タイプ必須
protocolURLプロトコルフィールド。たとえば、httphttpsです。文字列FALSE
hostホスト名。文字列TRUE
portポート番号。通常、HTTPでは80、HTTPSでは443です。数値FALSE
path ホスト内のリソースのパス。 文字列FALSE
query疑問符?なしのクエリー文字列。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
url書式設定されたURLの値。文字列

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について