Parse

URL文字列を解析し、正しいエンコーディングでコンポーネントに分割します。

入力

フィールド定義タイプ必須
url解析対象の、書式設定済みURL。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
protocolURLプロトコルで、小文字で返されます。たとえば、httphttpsです。文字列
hostURLホストプロパティで、小文字で返されます。たとえば、www.test.comです。文字列
portURLに指定されているポートで、数値として返されます。ポートが指定されていない場合、null値が返されます。通常、HTTPでは80、HTTPSでは443です。数値
path URLのパス全体で、ホストの後、URLのクエリー部分より前のすべての部分(ポートも含む)が含まれます。 文字列
queryURLのクエリー文字列部分の全体。文字列

たとえば、入力URLhttp://www.test.com:8080/test url?value=example&value2=URLについて、この関数カードは次の値を返します。

  • protocolhttp:

  • hostwww.test.com

  • port8080

  • path/test%20url

  • queryvalue=example&value2=URL

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について