Build

この関数は、オブジェクトをXML文字列に変換します。

必須フィールドには赤のアスタリスクが付いています。

入力フィールド

  • object:XML文字列に変換するオブジェクト
  • options
    • rootName:XMLドキュメントのルート要素の名前
    • doctype:XMLドキュメントのdoctype

  • renderOptions
    • pretty:XMLドキュメントを「整った」スタイルでレンダリングするかどうかを指定します。オプションはTrueまたはFalseです

    • indent:prettyフィールドがTrueに設定されているとき使用され、XMLドキュメントでインデント文字として使用する文字を指定します

    • newline:prettyフィールドがTrueに設定されているとき使用され、XMLドキュメントで改行文字として使用する文字を指定します

  • declaration
    • version:XMLの宣言に追加されるバージョンを指定します。デフォルトは1.0で、一般的な値は1.01.1ですが、1.x形式の値はすべて受け付けられます

    • encoding:指定された文字エンコーディング、たとえばUTF-8をXML宣言に追加します

    • standalone:XML宣言にスタンドアロン属性を追加します。Falseに設定した場合、XML宣言にスタンドアロン属性standalone="no"が追加されます。Trueに設定した場合、standalone="yes"が追加されます

出力フィールド

  • xml:組み立てられたXMLドキュメント

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について