アクションカードによるデータのストリーミングについて

フローで、レコードの検索を行う1つ以上のアクションカードを使用できます。カードで検索パラメーターを指定し、1つのレコードだけを返す、100など少数のレコードを返す、またははるかに多数のレコードの組を返すようフローを実行できます。多数のレコードを返す場合、検索結果で返せるレコード数の上限に引っかかる可能性があります。このような制限は10,000レコードまたはそれ未満のことがあります。

これより多くのレコードの組については、Workflowsコネクタで提供されているデータストリーミング機能を使用します。この方法では親フローではなく、ヘルパーフロー内で大きなデータセットを処理し、多数のレコードを返すことができます。この機能により、フロービルダーは大量のデータを処理できます。これは、ページ分け対応のAPIエンドポイントを活用します。

この制限を低くすると、システムパフォーマンスの安定に役立ちますが、追加のカスタムユーザープロパティーまたは結果セット内の他のユーザーデータにより、フローが予期せずにシステム制限を超え、アウトオブメモリエラーが発生する場合があります。これらのシステム制限や、メモリエラーの可能性を回避するため、多くの検索およびリストカードでは[Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)]オプションを使用できます。

Workflowsでデータストリーミングを使用するのは、ほとんどの場合アクションカードを使用してレコードの検索や一覧表示を行うときです。たとえば、Freshserviceコネクタの検索チケットアクションカードや、Oktaコネクタのフィルターによるユーザーの一覧表示アクションカードなどです。これらのカード、およびデータストリーミングを使用可能な他のカードでは、データの処理に使用されるヘルパーフローを指定する必要があります。[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログボックスでは、処理フローをカードへの入力として選択し、要求されたレコードを検索して返すことができます。

アクションカードのこのオプションにより、はるかに大きなレコードの組を読み取ることができます。予測されるパフォーマンスベンチマークは次のとおりです。

  • 500,000レコードを約13時間で読み取ることができます。

  • 100万レコードは約25時間で読み取ることができます。

返すことができるレコード数の上限は100万です。

制限と考慮事項

データストリーミングを使用するときは、いくつかの考慮事項を念頭に置いてください。フローが実行された後で停止することはできません。このため、検索またはリストカードからデータをストリーミングするため配置されているヘルパーフローは、APIからすべてのレコードが返されるか、またはレコードの指定された最大数に達するか、どちらかが先に起きるまで引き続き実行されます。また、フローが後から非アクティブに設定されても実行は停止しません。

データレコードからヘルパーフローへの処理は、そのコネクタについて設定されているページ上限数に達すると停止されます。サードパーティ製のAPIからリクエストでき、アクションカードによって返されるレコードの最大数を指定できます。長すぎるデータが返されることを防ぐため、コネクタのネイティブの制限も設定されています。