チケットの検索

Freshserviceのチケットを検索します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Result Set (結果セット) 検索結果を表示するために次のオプションのいずれかを選択します。
  • [First Matching Ticket(最初の一致チケット)]:単一チケットが返されます

  • [Stream Matching Tickets(一致チケットのストリーミング)]:すべての一致チケットを親フローからヘルパーフローに渡します。カードに[Streaming(ストリーミング)] 入力セクションが追加され、カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加のためのヘルパーフローを選択できます。

ドロップダウンTRUE
Filter By(フィルタリング) 以下のいずれかを選択してチケット結果セットをフィルタリングします。
  • Default Filters(デフォルトフィルター)

  • Requester ID(依頼者ID)

  • Requester Email(依頼者メール)

  • Ticket Views(チケットビュー)

ドロップダウンTRUE
ヒント

[Stream Matching Tickets(一致チケットのストリーミング)]オプションの使用方法と、多数のレコードを返すためのヘルパーフローのセットアップ方法については、「ヘルパーフローでのストリーム一致オプションの設定」を参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Filter(フィルター) 使用可能なフィルターのリスト。リストからフィルターの1つ(例:Incidents)を選択します。
注

削除済みのチケットは、フィルターがAll Ticketsに設定されていても返されません。削除済みチケットを返すには、Trashを選択してください。

ドロップダウンTRUE
Requester ID(依頼者ID)結果をフィルタリングするとき使用するID。 このフィールドは、[Filter By(フィルタリング)]の値がRequester IDのときに表示されます。数値TRUE
Requester Email(依頼者メール)結果をフィルタリングするとき使用するメールアドレス。このフィールドは、[Filter By(フィルタリング)]の値がRequester Emailのときに表示されます。文字列TRUE
View ID(ビューID)結果をフィルタリングするとき使用するカスタムビューのID。このフィールドは、[Filter By(フィルタリング)]の値がTicket Viewsのときに表示されます。ビューによるチケットのフィルタリングを参照してください。数値TRUE
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー) [Choose Flow (フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose (選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create (クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

Flow(フロー)TRUE

出力

フィールド定義タイプ
チケット
Ticket ID(チケットID)FreshserviceのチケットID。文字列
Subject(件名)チケットの件名。文字列
Description(説明)チケットの平文による説明。文字列
Created Date(作成日)チケットの作成日時(例:2016-05-24T13:41:22Z)。文字列
Updated Date(更新日)チケットの最後の更新日時(例:2016-05-24T13:41:22Z)。文字列
Ticket Type(チケットタイプ)チケットのカテゴリ。文字列
Priority(優先順位)チケットの優先順位。文字列
Source(ソース)チケットが作成時に通過したチャンネル。文字列
Status(ステータス)チケットのステータス。文字列
Assignee ID(割り当て先ID)割り当て先のFreshservice ID。数値
Assignee Name(割り当て先名)割り当て先の名前。文字列
Requester Email(依頼者メール)依頼者のメールアドレス。文字列

関連項目

Freshserviceコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Freshservice APIのドキュメント