テーブルについて

テーブルは、フローから読み取ったり、フローに書き込んだりできるデータを保存する上で便利です。

スプレッドシートやデータベースのアプリケーションは認証が必要な可能性があり、遅延が発生することもありますが、テーブルを使用すると重要なデータを集約し、フロー間で維持されることを保証できます。

テーブルは、以下のように使用できます。

  • より多機能なフローの作成:寄せられる顧客のリクエストを処理し、 特別な対応を求める顧客 のテーブルに情報を追加するフローを作成できます。このフローは、寄せられたリスエストが顧客にとって2回目の リクエストかどうかを確認し、ただちに 措置を取るよう判断できます。別のフローを毎週月曜日の朝に実行して、 顧客からの残りのリスエストを割り当てることができます。

  • フローを通過するデータの追跡と報告:特定の イベントを継続的に計上したり、経営陣向けの月次レポートに記載する個別のトランザクションを保存したりできます。

  • ルックアップテーブルの作成またはフロー間での定数の共有:プロビジョニングの事例では、多くの場合、ユーザーの所属部署と特定システムに必要な役割を対応付ける方法が必要となります。また、フローが別の場所で同じ顧客を探し出す方法を把握できるよう、異なるクラウドサービスによって使用される IDの顧客テーブルが必要となる場合もあります。

関連項目

テーブルの作成と編集