アプリケーションの接続

フローを構築する際、ターゲット アプリケーションとやりとりするOktaは接続によって認証されます。アクセスを制御する方法はアプリケーションによって異なります。APIトークンを使用するものもあれば、OAuthスコープを使用するものもあります。アプリケーション内の権限レベルに応じて、ユーザーごとに異なるアクセス レベルが割り当てられます。

Oktaアカウントの認証

ワークフロー コンソールで何か作業を始める前に、Oktaアカウントを認証してください。認証は一度だけ必要です。認証を行う際には、管理コンソールからワークフロー コンソールに情報をコピーする必要があるため、管理コンソールは開いたままにしておいてください。

  1. 管理コンソールで[Applications (アプリケーション)]> [Applications (アプリケーション)]に移動します。
  2. [Okta Workflows OAuth]を選択し、[Sign On (サイン オン)]タブを開きます。このページを開いたまま、ステップ3まで作業を進めます。Okta Workflows OAuth アプリケーションのスクリーンショット
  3. 管理コンソールで[Workflow (ワークフロー)]> [Workflows console (ワークフロー コンソール)]に移動します。
  4. ワークフロー コンソールで[New Connection (新規接続)]をクリックします。
  5. コネクター リストに表示する表示名を[Connection Nickname (接続のニックネーム)]フィールドに入力します。
  6. http://-adminを付けずに (該当する場合)、Okta組織のドメインを[Domain (ドメイン)]フィールドに入力します。たとえば、URL がhttp://organization-admin.okta.comの場合、ドメインはorganization.okta.comとなります。
  7. 管理コンソールで、Okta Workflows OAuthアプリからクライアントIDをコピーします。ワークフロー コンソールに戻り、[Connection (接続)]ウィンドウの[Client ID (クライアントID)] フィールドにコピーしたクライアントIDを貼り付けます。
  8. 管理コンソールで、Okta Workflows OAuthアプリからクライアントIDをコピーします。ワークフロー コンソールに戻り、[Connection (接続)]ウィンドウの[Client ID (クライアントID)] フィールドにコピーしたクライアントIDを貼り付けます。
  9. Okta Workflows OAuthアプリケーションのどこにクライアントIDとクライアント シークレットがあるかを示したスクリーンショット
  10. ワークフロー コンソールで[Create (作成)]をクリックします。

他のアプリケーションの接続

Oktaアカウントの認証が完了したら、他のアプリケーションへのフローを構築できます。接続要件はアプリケーションによって異なりますが、複数のアカウント (管理者やエンド ユーザーなど) を作成できるよう、どのアプリケーションでも接続ニックネームが必須となっています。

接続は次の2つの方法で設定できます。

  • ワークフロー コンソールの[Settings (設定)]ページで[New Connection (新規接続)]をクリックします。接続するアプリのアイコンをクリックし、必要な情報を入力します。[Need Help? (ヘルプが必要ですか?)]をクリックすると、このウィンドウにアプリ固有のヘルプが表示されます。
  • ワークフロー コンソールで[New Flow (新規フロー)]をクリックします。認証済みアプリにイベントかアクションを追加する際、接続するよう促すメッセージがカードに表示されます。[New Connection (新規接続)]をクリックし、必要な情報を入力します。

接続が認証されたら、資格情報を再入力することなく任意のフローにそのアプリを追加できます。イベントかアクション カードを選択する際、使用する接続を選択して[Done (完了)]をクリックします。

接続が失われた場合、このページの手順に従って再認証してください。

関連項目

アプリケーションと接続について

フローの構築とテスト