コネクタービルダーの承認ドキュメント

承認ヘルプトピックには、ユーザーが接続を作成・認証する上で役立つ、あらゆる関連情報を盛り込む必要があります。

作成者のコネクターをユーザーが初めてフローに追加する際に、Okta Workflowsはユーザーに接続の構成を求めます。この接続は、ユーザーのアカウントまたは環境の検証に使用されます。

前提条件

前提条件セクションには、接続の構成前にユーザーに求められるあらゆる事項を指定します。たとえば、APIキーを生成する、またはOAuthアプリ統合を構成する必要があるとします。例:

サンプル:APIトークンを生成する

APIへの認証は、インスタンスレベルのベアラートークンを介して制御されます。トークンを生成するには:

  1. ログインして[Settings(設定)]をクリックします。

  2. [Access(アクセス)]タブをクリックします。

  3. インスタンスに固有のAPI URLを特定します。

  4. [Add(追加)]をクリックしてAPIキーを作成します。

  5. APIトークンの名前を[Name(名前)]に指定します。

  6. [Save(保存)]をクリックします。

  7. APIトークンが提供されるダイアログで、可視性の記号をクリックしてAPIトークンを表示します。

  8. [Copy(コピー)]をクリックしてAPIトークンをクリップボードにコピーします。

  9. [Close(閉じる)]をクリックします。

接続の構成

認証トピックには、サービスとの接続の作成方法を盛り込む必要があります。例:

サンプル:接続を作成する

  1. [Connections(接続)]ページの[New Connection(新規接続)]をクリックします。

  2. [New Connection(新規接続)]ダイアログの[Connection Nickname(接続ニックネーム)]に文字列を追加します。これは、複数の接続の作成してチームで共有する場合に便利です。

  3. 前提条件セクションで作成したAPIトークンを[APIトークン]フィールドに貼り付けます。

  4. [Create(作成)]をクリックします。

サポートされるスコープ

OAuthまたはトークンベースのその他の認証向けに、コネクターの使用に必要なスコープのリストを盛り込む必要があります。スコープのセットアップに必要なものがあれば、その詳細を前提条件または構成セクションに盛り込みます。例:

サンプル:サポートされるスコープ

  • https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile

  • https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email

  • https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.basic

参考情報については、コネクタービルダー の承認トピックを参照してください。

次の手順

コネクタービルダーのアクションカードドキュメント

コネクタービルダーのカスタムAPIカードドキュメント