認可

Adobe User Managementカードを初めてフローに追加すると、接続の構成が求められます。この接続はAdobe User Managementアカウントにリンクしてアカウント情報を保存するため、将来のAdobe User Managementフローで接続を再利用できます。

一意の接続を複数作成し、Okta Workflowsコンソール[接続]ページで管理できます。

アカウントタイプ、ライセンス、スコープの詳細については、「Adobe User Managementコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

始める前に

Adobe User Managementサービスへのアクセスに必要な資格情報を取得するには、Adobe Developer Consoleを使ってサービスアカウント統合を作成します。

サービスアカウント統合を作成する

Adobe User Managementは、OAuthサーバー間資格情報を優先してサービスアカウント(JWT)資格情報の使用を廃止します。

資格情報の移行の詳細については、「Adobe開発者移行ガイド」を参照してください。

  1. https://developer.adobe.com/にアクセスします。

  2. Adobe User Managementシステム管理者資格情報を使ってサインインします。

  3. [Console(コンソール)]をクリックします。

  4. [API and services(APIとサービス)]をクリックし、[API]タブをクリックします。

  5. [Search(検索)]フィールドにユーザーのキーワードを入力します。

  6. User Management APIサービスの[Create Project(プロジェクトの作成)] をクリックします。

  7. [OAuth Server-to-Server(OAuthサーバー間)]オプションを選択し、[Save configured API(構成済みAPIの保存)]をクリックします。

  8. 新しいプロジェクトの[OAuthサーバー間]セクションをクリックします。

  9. [Retrieve client secret(クライアントシークレットを取得)]をクリックします。

  10. [OAuthサーバー間]ページの次のフィールドの情報をコピーします。

    • [Client ID(クライアントID)]

    • [Client Secret(クライアントシークレット)]

    • [Organization ID(組織ID)]Adobe Developer Consoleプロジェクトからの値(例:org_ident@AdobeOrg)。

Okta Workflowsに接続を作成する

Adobe User Managementとの接続を作成するには、Workflowsコンソールで次の手順を完了します。

  1. [接続]タブで[New Connection(新規接続)]をクリックします。
  2. [新規接続]ダイアログでAdobe User Managementアイコンを選択します。
  3. この接続の[Name(名前)]を入力します。複数のAdobe User Managementアカウントを作成する必要があるときは、一意の名前を使用します。
  4. 任意。接続の[Description(説明)]を入力します。接続所有者の連絡先情報など、接続に関するその他の情報を追加できます。
  5. サイトからコピーした値を適切なフィールドに入力します。
    • [Client ID(クライアントID)]

    • [Client Secret(クライアントシークレット)]

    • [Organization ID(組織ID)]Adobe Developer Consoleプロジェクトからの値(例:org_ident@AdobeOrg)。

  6. [Create(作成)]をクリックして構成を保存し、接続を作成します。

関連項目

Adobe User Managementコネクター

Workflows要素

Adobe User Managementコネクターに関するガイダンス

User Management Rest APIの概要