フロー内のカード

各カードは、フロー内の1つの特定ステップを表します。カード内には入力と出力のフィールドがあります。

  • 入力フィールドは、値を受け付けます。

  • 出力フィールドは、そのカードが生成する値です。以降のカードでは、これらのフィールドを入力として使用できます。

サードパーティアプリケーションへの接続を構成し、該当する[Options(オプション)]を選択します。アクションカードの[Input(入力)]フィールドと[Output(出力)]フィールドにアクセスするには、先にこの作業を済ませておく必要があります。

入力を受け付けて異なる出力を返すアクションカードの機能は、Workflowsの最も強力な機能の1つです。複数のカードを連結して出力を入力にマッピングできます。こうすることで、データを変換し、ロジックを使って次のステップを決定するか、そのデータを使ってフォローアップアクションを実行するフローを構築できます。

入力フィールド

入力フィールドの値によって、アクションまたは関数カードの進行方法が決まります。

たとえば、Gmail Send Emailカードには、ToSubjectBodyの入力フィールドがあります。テキスト置換Replace関数カードには、検索先のテキスト(look in)、検索するテキスト(look for)、置換後のテキスト(replace with)の入力フィールドがあります。

出力フィールド

フローは、イベント、アクション、または関数を実行した後、出力フィールドに値を割り当てます。

たとえば、テキストのReplace関数には、result text(結果テキスト)というフィールドがあります。このフィールドには、関数が置換を行った後に形成される新しいテキスト文字列が格納されます。JiraNew Issueイベントには、新たに作成された問題のIssue IDの出力があります。

あるカードの出力フィールドを別のカードの入力フィールドにマッピングするこの機能は、Okta Workflowsの主要機能の1つです。

たとえば、Marketo Read LeadアクションカードのEmail Address出力をOffice 365 Mail Send Emailアクションカードの入力フィールドにドラッグアンドドロップできます。フローは実行のたびに、特定の顧客のメールアドレスをメールの宛先アドレスとして使用します。

その他のカードオプション

各カードの下部には、オプションを設定/変更するためのボタンがあります。別のカードでは、次の選択肢を選択できる場合があります。

  • Help(ヘルプ)アイコンをクリックすると、そのカードに固有のヘルプコンテンツが表示されます。

  • Test This Card(このカードをテスト):入力値のサンプルを指定して結果出力を確認できます。このオプションを利用できるのは、アクションカードと関数カードのみです。

  • Schedule Options(スケジュールオプション):新規データのチェック頻度またはフローの実行頻度を制御します。このオプションを利用できるのは、非Webhookアプリケーションイベントとスケジュール済みのイベントのみです。

  • Endpoint Settings(エンドポイントの設定):セキュリティレベルを選択し、エンドポイントの呼び出しに使用されるURLを指定します。このオプションを利用できるのは、API Endpointイベントカードのみです。

  • Filter Fields(フィールドのフィルタリング):ビューをフィルタリングし、フィルターテキストに一致するフィールドのみを表示します。このオプションは、Salesforceレコードのようにフィールド数が多いカードで有用です。

  • Duplicate(複製):現在のカードの正確な複製を作成し、それをフローに追加します。このオプションは、フィールドがやや異なる同じカードを必要とするフローや、再作成したくない編集済みのオプションを多数含むカードがある場合に役立ちます。

Other options(その他のオプション)を表示する歯車アイコンもあります。

  • Edit card(カードの編集):カスタマイズモードでは、フィールドの名前や順序を変更したり、カード自体の名前を変更したりできます。「カードのカスタマイズ」を参照してください。

  • Choose fields(フィールドの選択):カードに表示するフィールドを設定します。これは、数百ものフィールドがあるのに、必要なフィールドはごくわずかしかないカードで便利です。

  • Run When(実行タイミング):すべての新規レコードについてイベントを1回トリガーするか、新規レコードごとにイベントを1回トリガーするか、レコードが見つからない場合にのみイベントをトリガーするかを設定します。このオプションを利用できるのは、アプリケーションイベントのみです。「データ交換オプションの設定」を参照してください。

  • Error handling(エラー処理):カードが失敗した場合の自動再試行やエラー処理の実行などのエラーオプションを表示します。「フローにおけるカードのエラー処理の設定」を参照してください。

カードを保存してフローを実行する

カードの設定を変更したら、[Flow builder(フロービルダー)]ページの上部にある[Save(保存)]をクリックしてフロー内のすべての変更を保存します。このアクションは、CTRL+S(Windows)または⌘+S(macOS)のキーボードショートカットを使って実行することもできます。

[Flow builder(フロービルダー)]ページの上部にある[Run(実行)]をクリックして、更新されたフローを実行します。更新されたフローを実行すると、フロー内のカードで行った保留中の変更は自動的に保存されます。CTRL+SHIFT+ENTER(Windows)または⌘+SHIFT+ENTER(macOS)のキーボードショートカットを使ってフローを実行することもできます。

関連項目

イベント

アクションおよび関数カード

フィールド

メモカード