イベントを削除する

Googleカレンダー上の既存のイベントを削除します。

オプション

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Calendar (カレンダー) カレンダーイベントを削除する使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。 ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Event(イベント)
Event ID (イベントID) 削除するIDを入力します。このIDを特定するには、次の手順に従います。
  1. イベントデバッグURL(https://www.google.com/calendar/render?gsessionid=OK&eventdeb=1)に移動します。
  2. ダブルクリックして、影響を受けるイベントを表示します。
  3. ドロップダウンメニュー[More Actions(その他のアクション)]を選択します。
  4. [Troubleshooting Info(トラブルシューティング情報)]をクリックします。
  5. 表示されるテキストをコピーし、カードに貼り付けます。
文字列
Send Updates (更新の送信) イベントの更新に関する通知(タイトルの変更など)を受け取る必要があるゲスト。オプションは次のとおりです。
  • [All (すべて)]:通知はすべてのゲストに送信されます
  • [External Only(外部のみ)]:通知はGoogle Calendar以外のゲストにのみ送信されます
  • [None (なし)]:通知は送信されません
ドロップダウン
Delete Recurring Event (繰り返しイベントの削除)
Delete(削除) 削除するイベントを指定します。オプションは次のとおりです。
  • This event (このイベント)
  • This and following events (これ以降のイベント)
  • All events (すべてのイベント)
ドロップダウン

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

ドロップダウン

関連項目

Google Calendarコネクター

Workflows要素

Google Calendar APIのドキュメント