イベント情報を読み取る

カレンダーイベントIDを使用してイベントに関する情報を取得します。

オプション

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Calendar (カレンダー) イベントの情報を取得する使用可能なカレンダーのドロップダウンリスト。 ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Event(イベント)
Event ID (イベントID) 情報を取得するイベントの一意のID。 文字列

出力

フィールド 定義 Type (タイプ)
Fields(フィールド)
タイプ イベントのタイプ。これはカレンダーイベントであることを考慮すると、ほとんどの場合はcalendar#eventとして返します。 文字列
Event ID (イベントID) 情報を取得するイベントのUnique ID。 文字列
ステータス イベントのステータス。任意。取り得る値は次のとおりです。
  • [confirmed (確定)]:イベントは確定されています。これはデフォルトのステータスです。
  • [tentative (暫定)]:イベントは暫定的に確認されています。
  • [canceled (取り消し)]:イベントは取り消されています。
文字列
Html Link (HTMLリンク) Google Calendar Web UI内のこのイベントへの絶対リンク。 文字列
Created Time(作成日時) イベントが作成された日時。ISO形式(YYYY-MM-DDThh:mm:ss+00:00)です。+00:00はタイムゾーンオフセットです。 日時
Updated Time(更新日時) イベントが最後に更新された日時。ISO形式(YYYY-MM-DDThh:mm:ss+00:00)です。+00:00はタイムゾーンオフセットです。 日時
Summary(概要) カレンダーイベントの名前の見出し。 文字列
説明 参加者向けの詳細を含むイベントの説明。 文字列
ICalUID (ICalUID) RFC5545で定義されているイベントの一意識別子。複数のカレンダーシステムをまたがってイベントを一意に識別するために使用され、importメソッドを介してイベントをインポートする際に指定しなければなりません。
注

ICalUIDidは同一ではなく、イベントの作成時にはどちらか1つのみ指定する必要があります。これらのセマンティクスにおける違いの1つは、繰り返しイベントで、1つのイベントのすべての出現は異なるidを持つのに対して、それらはすべて同じICalUIDを共有するということです。

文字列
Start Time (開始日時) イベントを開始する日時。ISO形式(YYYY-MM-DDThh:mm:ss+00:00)です。+00:00はタイムゾーンオフセットです。 日時
End Time(終了日時) イベントを終了する日時。ISO形式(YYYY-MM-DDThh:mm:ss+00:00)です。+00:00はタイムゾーンオフセットです。 日時
Location(場所) イベントの地理的な場所(自由形式のテキスト)任意。 文字列
Attendee Emails (参加者メール) イベントに招待されるゲストのメールアドレス。このフィールドは空白のままにすることができます。注:イベントは作成されたカレンダー上に表示されます。 文字列
Reminders (リマインダー)
Method (方式) リマインダーが送信される方式。オプションは[popup (ポップアップ)]または[email (メール)]です。 文字列
Minutes (分数) リマインダーを発行する前に経過する必要がある分数。範囲は1から40320までです。 文字列
Recurring Events (繰り返しイベント)
Event ID(イベントID) イベント識別子。 文字列
Recurring Event ID(繰り返しイベントID) 繰り返しイベント識別子。 文字列
Summary(概要) イベントのタイトル。 文字列
Start Time(開始日時) イベントを開始する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。 日時
End Time(終了日時) イベントを終了する日時。形式はYYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ / YYYY-MM-DDTHH:MM:SS+HH:MM(タイムゾーンオフセット)です。 日時

関連項目

Google Calendarコネクター

Workflows要素

Google Calendar APIのドキュメント