コンピューターMDMコマンドを送信する

Jamf Pro Classic APIでコンピューターMDMコマンドを送信します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Command Name(コマンド名) コンピューターに送信するコマンドとして、次のオプションのいずれかを選択します。
  • Delete User:コンピューター上にアクティブなアカウントを持つユーザーを削除します。

  • Device Lock:コンピューターからユーザーをロックアウトし、コンピューターを再起動して、コンピューターをロックします。
  • Disable Remote Desktop:コンピューター上でリモートデスクトップを無効化します。
  • Enable Remote Desktop:コンピューター上でリモートデスクトップを有効化します。
  • Erase Device:コンピューターから制度データおよび設定を恒久的に消去します。
  • Schedule OS Update:コンピューターでOSバージョンアップデートをスケジュール化し、ユーザーに入力を促します。
  • Setting Disable Bluetooth:コンピューターでBluetooth設定を無効化します。
  • Setting Enable Bluetooth:コンピューターでBluetooth設定を有効化します。
  • Unlock User Account:失敗したパスワード試行の回数が多すぎたためにロックされたローカルユーザーアカウントのロックを解除します。
ドロップダウン FALSE

入力

コマンド情報フィールドは、オプションで選択されたフィールドに基づいて動的に生成されます。

フィールド 定義 タイプ 必須
Computer(コンピューター)
ID コンピューターの一意のID。 数値 FALSE
Command Info(コマンド情報)
Username(ユーザー名) コンピューターにログインしているユーザーのユーザー名。

オプションからDelete UserUnlock User Accountのいずれかのフィールドが選択された場合は必須です。

文字列 TRUE
Password(パスワード) コンピューターのパスワード。

オプションからDevice LockErase Deviceのいずれかのフィールドが選択された場合は必須です。

文字列 TRUE
アクション コメント固有のアクションを伴う新規コンピューターコマンド。

オプションからSchedule OS Updateが選択された場合のオプションです。

文字列 FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Jamf Pro Classic APIコネクター

Workflows要素

Jamf Pro Classic API APIの概要