認可

Jamf Pro Classic APIカードを初めてフローに追加すると、接続の構成が求められます。この接続はJamf Pro Classic APIアカウントにリンクしてアカウント情報を保存するため、将来のJamf Pro Classic APIフローで接続を再利用できます。

一意の接続を複数作成し、Okta Workflowsコンソール[接続]ページで管理できます。

開始する前に

Jamf Pro Classic APIアカウントが次のように設定されていることを確認してください。

  • Type(タイプ)標準ユーザー

  • Access Level(アクセスレベル)フルアクセス

  • Privileges(権限)管理者

Jamf Pro Classic APIアカウントが/JSSResource/activationcodeエンドポイントへのアクセス権を持っていることを確認します。

Jamf Pro Classic API接続を作成する

Jamf Pro Classic APIで新規接続をセットアップするには、次の手順を実行します。

  1. [New Connection(新規接続)]をクリックします。
  2. 接続の[Name(名前)]を入力します。これは、チームで共有するために複数の接続の作成を計画している場合に便利です。
  3. 任意。接続の[Description(説明)]と接続に関するその他の情報を入力します。
  4. [Username(ユーザー名)]フィールドにユーザー名を入力します。
  5. [Password(パスワード)]フィールドにパスワードを入力します。
  6. [Full Instance URL(フルインスタンスURL)]フィールドにURLを入力します(例:https://instance.jamfcloud.com)。
  7. [Create(作成)]をクリックしてポップアップウィンドウが開くと、Jamf Pro Classic APIアカウントにサインインできます。この操作によって接続も保存されます。

関連項目

Jamf Pro Classic APIコネクター

Workflows要素

Jamf Pro Classic API APIの概要