ユーザーを有効化する

IDまたはユーザー名によってOktaユーザーを有効化します。

オプション

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Send Email? (メールの送信?) 有効化されたユーザーにメールが送信されるかどうかを示します。オプションはYesまたはNoです。 ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
ID or Login (IDまたはログイン) OktaユーザーのIDまたはログイン(通常はメール形式)。 文字列

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

文字列
アクティベーション[Send Email?(メールを送信?)]オプションが[No(いいえ)]に設定されている場合)
トークン アクティベーションリンクを作成し、ユーザーのアクティベーションプロセスを完了するために使用されるアクティベーショントークン。 文字列
URL ユーザーが自分のアカウントを設定するためのアクティベーションリンク。 文字列

関連項目

Oktaコネクター

Workflows要素

Oktaコネクターに関するガイダンス

Okta APIドキュメント