Oktaコネクター

Oktaはアイデンティティに基づいてアクセスと認証を管理するためのツールを提供します。ユーザーの作成、更新、一覧表示、および削除、グループへのユーザーの追加、アプリへのユーザーの割り当て、Okta APIへのカスタム呼び出しの発行を行うことができます。

Oktaアカウントの承認

フローにOktaカードを追加した場合、Okta orgからのアカウントを承認する必要があります。「承認」を参照してください。

Oktaトークンの取り消し

ユーザーまたはOkta orgへの接続を削除した場合、コネクターは関連付けられているすべてのアクセストークンを取り消します。トークンを手動で削除する必要はありません。「トークンの取り消し」を参照してください。

Oktaコネクターに関するガイダンス

フローでOktaコネクターを使用する際のガイダンスとベストプラクティスについては、この情報を参照してください。「Oktaコネクターに関するガイダンス」を参照してください。

ユーザー環境のレート制限に対するOktaコネクターカードの影響については、「Workflowsシステムの制限」を参照してください。

Oktaコネクターイベントカード

イベント

説明

Access Certification Decision Submitted(アクセス認定決定の送信) Oktaでリソースへのアクセスに関する決定が行われるとOktaフローをトリガーします。
Access Request Created(アクセスリクエストの作成) Oktaでアクセスリクエストが作成されたときにフローをトリガーします。
Access Request Resolved(アクセスリクエストの解決) Oktaでアクセスリクエストが解決されたときにフローをトリガーします。
API Token Created(APIトークンの作成) OktaのAPIトークンが作成されるとフローをトリガーします。
API Token Revoked(APIトークンの無効化) OktaのAPIトークンが取り消されるとフローをトリガーします。
Application Activated(アプリケーションのアクティブ化) Oktaでアプリケーションがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
Application Created(アプリケーションの作成) Oktaでアプリケーションが作成されるとフローをトリガーします。
Application Deactivated(アプリケーションの非アクティブ化) Oktaでアプリケーションが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
Application Deleted(アプリケーションの削除) Oktaのアプリケーションが削除されるとフローをトリガーします。
Application Updated(アプリケーションの更新) Oktaのアプリケーションが更新されるとフローをトリガーします。
Authenticator Activated(Authenticatorのアクティブ化) OktaのAuthenticatorがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
Authenticator Deactivated(Authenticatorの非アクティブ化) OktaのAuthenticatorが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
Device Activated(デバイスのアクティブ化) Okta Verifyでデバイスがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
Device Added to User(ユーザーに追加されたデバイス) Okta Verifyでユーザーにデバイスが追加されるとフローをトリガーします。
Device Deactivated(デバイスの非アクティブ化) Okta Verifyでデバイスが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
Device Deleted(デバイスの削除) Okta Verifyからデバイスが削除されるとフローをトリガーします。
Device Enrolled(デバイスの登録) Okta Verifyで新しいデバイスが正しく登録されるとフローをトリガーします。
Device Suspended(デバイスの一時停止) Okta Verifyでデバイスが一時停止されるとフローをトリガーします。
Device Unsuspended(デバイスの一時停止解除) Okta Verifyでデバイスが一時停止を解除されるとフローをトリガーします。
Group Created(グループの作成) Oktaでグループが正しく作成されるとフローをトリガーします。
Group Deleted(グループの削除) Oktaのグループが正しく削除されるとフローをトリガーします。
Group Privilege Granted(グループ特権の付与) Oktaでグループ管理者特権が付与されるとフローをトリガーします。
Group Privilege Revoked(グループ特権の無効化) Oktaでグループ管理者特権が無効化されるとフローをトリガーします。
Group Profile Updated(グループプロファイルの更新) Oktaグループプロファイルが更新されるとフローをトリガーします。
Group Push Failed(グループプッシュの失敗) Oktaでグループプッシュが失敗すると、フローをトリガーします。
Import Group Created(インポートグループの作成) Oktaでインポートプロセスによってグループが作成されるとフローをトリガーします。
Import Group Deleted(インポートグループの削除) Oktaでインポートプロセスによってグループが削除されたときにフローをトリガーします。
Import Process Completed(インポート処理の完了) Oktaでインポート処理が完了したときにフローをトリガーします。
Import Roadblock(インポート障害) Oktaでユーザーのインポート中に、未割り当てアプリケーションの割合が指定のセーフガードしきい値を超えるとフローをトリガーします。
Import Started(インポートの開始) Oktaでインポート処理が開始されるとフローをトリガーします。
Policy Activated(ポリシーのアクティブ化) Oktaのポリシーがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
Phone Verification Call Sent(電話検証通話の送信) Oktaでユーザーがログインし、電話検証通話が送信されるとフローをトリガーします。
Phone Verification SMS Sent(電話検証SMSの送信) Oktaでユーザーがログインし、検証SMSが送信されるとフローをトリガーします。
Policy Deactivated(非アクティブ化) Oktaのポリシーが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
Policy Rule Activated(ポリシールールのアクティブ化) Oktaでポリシールールがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
Policy Rule Added(ポリシールールの追加) Oktaでポリシールールが追加されるとフローをトリガーします。
Policy Rule Deactivated(ポリシールールの非アクティブ化) Oktaでポリシールールが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
Policy Rule Deleted(ポリシールールの削除) Oktaのポリシールールが削除されるとフローをトリガーします。
Policy Rule Updated(ポリシールールの更新) Oktaでポリシールールが更新されるとフローをトリガーします。
Policy Updated(ポリシーの更新) Oktaでポリシールールが更新されるとフローをトリガーします。
OAuth2 App Consent Granted(OAuth2アプリ同意の付与) OktaのユーザーがOAuth2アプリに同意を付与したときにフローをトリガーします。
Org Rate Limit Warning(組織レート制限警告) Oktaでorg規模のレート制限が最大制限値に近づくとフローをトリガーします。
Org Rate Limit Violation(組織レート制限違反) Oktaでorg規模のレート制限を超過するとフローをトリガーします。
Suspicious Activity Reported(疑わしいアクティビティの報告) Oktaの疑わしいアクティビティが報告されるとフローをトリガーします。
Sync User in External Application(外部アプリケーションのユーザーの同期) 管理者が外部アプリケーションのユーザーをOktaに同期するとフローをトリガーします。
User Account Locked(ユーザーアカウントのロック) Oktaでユーザーアカウントが自動的にロックされるとフローをトリガーします。
User Account Unlocked(ユーザーアカウントのロック解除) Oktaでユーザーアカウントが自動的にロック解除されるとフローをトリガーします。
User Activated(ユーザーのアクティブ化) Oktaでユーザーがアクティブ化されるとフローをトリガーします。
User Added to Group(グループへのユーザーの追加) Oktaでグループにユーザーが割り当てられるとフローをトリガーします。
User App Password Changed(ユーザーのアプリパスワードの変更) ユーザーのアプリパスワードが変更されるとフローをトリガーします。
User Assigned to Application(アプリケーションへのユーザーの割り当て) Oktaでアプリケーションにユーザーが割り当てられるとフローをトリガーします。
User Created(ユーザーの作成) Oktaでユーザーが作成されるとフローをトリガーします。
User Deactivated(ユーザーの非アクティブ化) Oktaでユーザーが非アクティブ化されるとフローをトリガーします。
User Deleted(ユーザーの削除) Oktaでユーザーが削除されるとフローをトリガーします。
User MFA(ユーザーMFA) ユーザーが多要素認証 (MFA) で認証されたときにフローをトリガーします。
User MFA Factor Activated(ユーザーのMFA要素のアクティブ化) ユーザーが新しい多要素認証 (MFA) 要素をアクティブ化するとフローをトリガーします。
User MFA Factor Deactivated(ユーザーのMFA要素の非アクティブ化) ユーザーが多要素認証 (MFA) 要素を非アクティブ化するとフローをトリガーします。
User MFA Factor Reset All(ユーザーの全MFA要素のリセット) ユーザーの多要素認証(MFA)要素がすべてリセットされるとフローをトリガーします。
User MFA Factor Suspended(ユーザーのMFA要素の一時停止) Oktaでユーザーが多要素認証 (MFA) 要素を一時停止するとフローをトリガーします。
User MFA Factor Unsuspended(ユーザーのMFA要素の一時停止解除) Oktaでユーザーが多要素認証 (MFA) 要素の一時停止を解除したときにフローをトリガーします。
User Privilege Granted(ユーザー特権の付与) Oktaでユーザーに管理者特権が付与されるとフローをトリガーします。
User Privilege Revoked(ユーザー特権の無効化) Oktaでユーザーの管理者特権が無効化されるとフローをトリガーします。
User Okta Password Reset by an Admin(管理者によるユーザーのOktaパスワードのリセット) Okta管理者によってユーザーのOktaパスワードがリセットされたときにフローをトリガーします。
User Okta Password Updated(ユーザーのOktaパスワードの更新) ユーザーのOktaパスワードが更新されたときにフローをトリガーします。
User Okta Profile Updated(ユーザーのOktaプロファイルの更新) ユーザーのOktaプロファイルが更新されたときにフローをトリガーします。
User Password Imported(ユーザーパスワードのインポート) Oktaでユーザーパスワードがインポートされるとフローをトリガーします。
User Reactivated(ユーザーの再アクティブ化) Oktaでユーザーが再アクティブ化されるとフローをトリガーします。
User Removed from Group(グループからのユーザーの削除) Oktaのグループからユーザーが削除されるとフローをトリガーします。
User Signed In Attempt(ユーザーのサインイン試行) ユーザーがOktaにサインインするとフローをトリガーします。
User Signed Out(ユーザーのサインアウト) ユーザーがOktaからサインアウトするとフローをトリガーします。
User Suspended(ユーザーの一時停止) Oktaでユーザーが一時停止されるとフローをトリガーします。
User Unassigned from Application(アプリケーションのユーザー割り当て解除) Oktaでユーザーがアプリケーションから割り当てが解除されるとフローをトリガーします。
User Unsuspended(ユーザーの一時停止の解除) Oktaでユーザーの一時停止が解除されるとフローをトリガーします。

Oktaコネクターアクションカード

アクション

説明

Application Activated(アプリケーションのアクティブ化) Oktaアプリケーションをアクティブ化します。
Activate Group Rule(グループルールのアクティブ化) OrganizationのIDによって特定のグループルールをアクティブ化します。
Activate User(ユーザーのアクティブ化) IDまたはユーザー名によってOktaユーザーをアクティブ化します。
Add User to Group(グループへのユーザーの追加) グループに新規Oktaユーザーを追加します。
Assign Group to Application(アプリケーションへのグループの割り当て) Oktaでアプリケーションにグループを割り当てます。
Assign User to Application for SSO(SSO用のアプリケーションへのユーザーの割り当て) OktaにおけるSSO用にプロファイルを持たないユーザーをアプリに割り当てます。
Assign User to Application for SSO and Provisioning(SSOおよびプロビジョニング用のアプリケーションへのユーザーの割り当て) 資格情報とアプリ固有のプロファイルを使用して、ユーザーをアプリに割り当てます。
Bulk User Import(一括ユーザーインポート) Oktaでユーザーを作成または更新することにより、Oktaで進行中のインポートセッションを更新します。
Clear User Sessions(ユーザーセッションの削除) アクティブなすべてのIDプロバイダーセッションを削除します。
Create Group(グループの作成) Oktaでグループを作成します。
Create Group Rule(グループルールの作成) グループルールを作成して、指定の条件値に一致するユーザーを指定のグループに動的に追加します。
インポートセッションの作成 Oktaで、インポートセッションを作成します。
Create User(ユーザーの作成) Oktaでユーザーを作成します。
Custom API Action(Custom API Action) Custom API Actionカードを使用して、Okta APIに対する認証済みのリクエストを発行します。
Deactivate Application(アプリケーションの非アクティブ化) Oktaアプリケーションを非アクティブ化します。
Deactivate Group Rule(グループルールの非アクティブ化) OrganizationのIDによって特定のグループルールを非アクティブ化します。
Deactivate User(ユーザーの非アクティブ化) Oktaでユーザーを非アクティブ化します。
Delete Application(アプリケーションを削除) Oktaアプリケーションを削除します。
Delete Group(グループの削除) Oktaのorganizationからグループを削除します。
Delete Group Rule(グループルールの削除) OrganizationのIDによって特定のグループルールを削除します。
インポートセッションの削除 Oktaでインポートセッションを削除します。
Delete Linked Object Value(リンクされたオブジェクト値の削除) Oktaで、IDで指定された関連ユーザーとプライマリ名で指定された関係について、その関連ユーザーとプライマリユーザーの間に存在するすべての関係を削除します。
Delete User(ユーザーの削除) IDによって、非アクティブ化されたOktaユーザーを削除します。
Find Users(ユーザーの検索) クエリーによってOktaユーザーを検索します。
Get Assigned User for Application(アプリケーションの割り当て済みユーザーの取得) IDによって、アプリの特定のユーザー割り当てを取得します。
Get Associated Linked Object Values(関連するリンクされたオブジェクト値の取得) Oktaで、指定されたIDについて、プライマリユーザーと関連名の間の関係に基づいて関連ユーザーIDとセルフリンクのリストを返します。
Get Primary Linked Object Value(プライマリのリンクされたオブジェクト値の取得) 関連ユーザーの指定されたIDについて、Oktaでのプライマリ名との関係によって定義されるプライマリユーザーIDとセルフリンクを返します。
Get Users Groups(ユーザーのグループの取得) Oktaユーザーの現在のグループメンバーシップを取得します。
List Applications Assigned to Group(グループに割り当てられたアプリケーションの一覧表示) Oktaでグループに割り当てられたアプリケーションを一覧表示します。
ユーザーに割り当てられたアプリケーションの一覧表示 Oktaでユーザーに割り当てられたアプリケーションを一覧表示します。
List Groups Assigned to Application(アプリケーションに割り当てられたグループの一覧表示) Oktaでアプリケーションのグループ割り当てを一覧表示します。
List Group Members(グループメンバーの一覧表示) Oktaグループのメンバーを一覧表示します。
List Import Sessions(インポートセッションの一覧表示) IDソースのすべてのアクティブなインポートセッションを一覧表示します。
List Users Assigned to Application(アプリケーションに割り当てられたユーザーの一覧表示) アプリに割り当てられているすべてのユーザーを一覧表示します。
List Users with Filter(フィルターによるユーザーの一覧表示) 指定されたフィルターに基づいてOktaのユーザーを一覧表示します。
List Users With Search(検索によるユーザーの一覧表示) 検索パラメーターで指定されたプロパティに基づいてユーザーを検索します。
Map Profile Source Attributes(プロファイルソース属性のマップ) Okta APIによって予期されるOktaユーザーの一覧を作成します。
Read Application(アプリケーションの読み取り) Oktaでアプリケーションを一覧表示します。
Read Assigned Group for Application(アプリケーションの割り当て済みグループの読み取り) Oktaでアプリケーションのグループ割り当てを読み取ります。
Read Group(グループの読み取り) IDによって、Oktaグループの情報を参照します。
Read Group Rule(グループルールの参照) IDによってOktaグループを読み取ります。
Read Import Session(インポートセッションの参照) Oktaでインポートセッションに関する情報を参照します。
Read User(ユーザーの読み取り) IDまたはユーザー名によって、Oktaユーザーのシステム情報およびプロファイルプロパティーを参照します。
Remove Group from Application(アプリケーションからのグループの削除) アプリケーションからグループを削除します。
Remove User from Application(アプリケーションからのユーザーの削除) アプリケーションからユーザーを削除します。
Remove User from Group(グループからのユーザーの削除) グループからOktaユーザーを削除します。
Reset Password(パスワードのリセット) Oktaでユーザーのパスワードをリセットします。
Search Applications(アプリケーションの検索) Oktaでアプリケーションの名前またはラベルに基づいてアプリケーションを検索します。
Search Groups(グループの検索) クエリーによってグループを検索します。
グループルールの検索 Organizationのすべてのグループルールを検索します。
Search System Logs(システムログを検索) OrganizationのOktaにあるシステムログからログイベントを検索します。
Set Linked Object Value for Primary(プライマリ用のリンクされたオブジェクト値の設定) Oktaのプライマリー名によって指定された関係に対して、IDによって指定された関連ユーザーとプライマリーユーザーを設定します。
Suspend User(ユーザーの一時停止) IDまたはユーザー名によってOktaユーザーを一時停止します。
Trigger Import Session(インポートセッションのトリガー) 処理の準備ができているOktaのインポートセッションをトリガーします。
Unsuspend User(ユーザーの一時停止解除) IDまたはユーザー名によってOktaユーザーの一時停止を解除します。
Update Application Credentials for an Assigned User(割り当てられたユーザーのアプリケーション資格情報の更新) アプリユーザーの資格情報を更新します。
Update Application Profile for an Assigned User(割り当てられたユーザーのアプリケーションプロファイルの更新) アプリユーザーのプロファイルを更新します。
Update Group(グループの更新) Oktaでグループのプロファイルを更新します。
Update Group Rule(グループルールの更新) Oktaでグループルールを更新します。
Update User(ユーザーの更新) IDまたはユーザー名によって、Oktaユーザーのシステム情報およびプロファイルプロパティを更新します。