インポートセッションの削除

Oktaで、インポートセッションを削除します。

このアクションカードは、Anything-as-a-Source(XaaS)統合でのみ機能します。「Anything-as-a-Source」を参照してください。

オプション

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Application(アプリケーション)

動的にすべてのCustom Identity Sourceアプリ統合を返します。入力フィールドとしてアプリケーションIDを入力するためのオプションも提供します。

このフィールドは最大100個のアプリケーションインスタンスを表示します。サーバーまたはネットワークの問題によりタイムアウトが発生する場合、このフィールドは-- Enter Application ID --(-- アプリケーションIDを入力してください --)を表示します。

ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Application(アプリケーション)
Session ID(セッションID)

アクティブまたは進行中のインポートセッションのID。

この値は、Create Import SessionカードのSession ID出力の結果から取得されます。

テキスト TRUE
ID 指定されたCustom Identity Sourceアプリケーションの一意のID。 テキスト TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
Response (レスポンス)
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Oktaコネクター

Workflows要素

Oktaコネクターに関するガイダンス

Okta APIドキュメント