一括ユーザーインポート

Oktaのユーザーを作成または更新することにより、Oktaで進行中のインポートセッションを更新します。

1セッションあたり最大10,000ユーザーをインポートできます。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
アプリケーション すべてのカスタムIDソース統合アプリを動的に返します。入力フィールドとしてアプリケーションIDを入力するためのオプションも提供します。

このフィールドは最大100個のアプリケーションインスタンスを表示します。サーバーまたはネットワークの問題によりタイムアウトが発生する場合、このフィールドは-- Enter Application ID --(-- アプリケーションIDを入力してください --)を表示します。

ドロップダウン TRUE
インポート操作 インポート操作タイプを選択します。
  • [Create & Update(作成と更新)]:ユーザーの作成と更新を行います。外部IDを含むオブジェクトの一覧とプロファイルオブジェクトを返します。

  • [Deactivate & Delete(無効化と削除)]:ユーザーの無効化と削除を行います。外部IDオブジェクトの一覧を返します。

ドロップダウン TRUE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
アプリケーション
ID カスタムIDソースアプリケーションのID。

[Application(アプリケーション)]オプションから[-- Enter Application ID --(-- アプリケーションIDの入力 --)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
ID アクティブまたは進行中のインポートセッションのID。この値は、インポートセッションの作成カードのセッションID出力結果から取得します。 文字列 TRUE
データ
Users(ユーザー) インポートするユーザープロファイルオブジェクトのリスト。

[Import Operation(インポート操作)]オプションで[Create & Update(作成と更新)]を選択した場合に、このフィールドにカスタムプロパティが表示されます。Okta プロファイルのオブジェクトAPIのドキュメントを参照してください。

オブジェクトのリスト FALSE
External ID(外部ID) Organizationを外部レコードに関連付けるための一意の外部ID。
オブジェクト FALSE
Profile(プロファイル) ユーザーのプロファイル。 オブジェクト FALSE
User Name(ユーザー名) ユーザーのユーザー名。 オブジェクト FALSE
First Name(名) ユーザーの名。 オブジェクト FALSE
Last Name(姓) ユーザーの姓。 オブジェクト FALSE
メール ユーザーのメール。 オブジェクト FALSE
Second Email(予備のメール) ユーザーの予備のメール。 オブジェクト FALSE
Mobile Phone(携帯電話) ユーザーの携帯電話番号。 オブジェクト FALSE
Home Address(自宅住所) ユーザーの住所。 オブジェクト FALSE
Custom Properties(カスタムプロパティー) このカードの設定時に生成されるその他のカスタムプロパティー。 オブジェクト FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Response (レスポンス)
Records Imported(インポート済みレコード) インポートされたユーザー数のレコード。

関連項目

Oktaコネクター

Workflows要素

Oktaコネクターに関するガイダンス

Okta APIドキュメント