List Applications Assigned to Group(グループに割り当てられたアプリケーションの一覧表示)

Oktaでグループに割り当てられたアプリケーションを一覧表示します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Result Set(結果セット)

検索結果をフィルタリングする方式を選択します。

  • First 200 Records(最初の200レコード)が選択されている場合に表示されます。:最初に一致する200レコードを返します。
  • Stream Records(レコードのストリーミング):一致するすべてのレコードを親フローからヘルパーフローに渡します。カードに[Streaming(ストリーミング)]入力セクションが追加され、カスタム拡張可能フィールドのストリーミングと追加のためのヘルパーフローを選択できます。
ドロップダウン TRUE

[Stream Records(レコードのストリーミング)]オプションの使用方法と、多数のレコードを返すためのヘルパーフローのセットアップ方法については、「ヘルパーフローを使ったレコードのストリーミング一致」を参照してください。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Group(グループ)
ID グループの一意のID。 文字列 TRUE
条件の一覧表示
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Limit(制限)]フィールドを0に設定すると、レコードは返されません。

  • [Limit(制限)]フィールドに0より大きい値を設定すると、最大で指定された最大レコード数までのレコードが返されます。

  • [Limit(制限)]フィールドが空、null、または未選択の場合、すべてのレコードが返されます。

  • デフォルト値は10000000(1,000万)です。

  • 有効な範囲は010000000です。

[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Matching Records(一致レコードのストリーミング)] が選択されている場合に表示されます。

数値 FALSE
Streaming(ストリーミング)
フロー [Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

[Result Set(結果セット)]オプションでStream Records(レコードのストリーミング) が選択されている場合に表示されます。

Flow(フロー) TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
Applications(アプリケーション) グループに割り当てられたアプリケーションのリスト。 オブジェクトのリスト
ID アプリケーションの一意のID。 文字列
Name(名前) アプリケーションの一意の名前。 文字列
Label(ラベル) アプリケーションのユーザー定義の表示名。 文字列
Status (ステータス) アプリケーションのステータス。 文字列
Last Updated(最終アップデート日) グループの最終更新日のタイムスタンプ。 日時
Created(作成日) グループが作成された時点のタイムスタンプ。 日時
Accessibility(アクセシビリティ) アプリケーションのアクセス設定。 オブジェクト
Error Redirect URL(エラーリダイレクトURL) このアプリケーションのカスタムエラーページ。 文字列
Login Redirect URL(ログインリダイレクトURL) このアプリケーションのカスタムログインページ。 文字列
Self Service(セルフサービス) セルフサービスアプリ割り当てを有効にします。 ブール値
Visibility(可視性) アプリケーションの可視性設定。 オブジェクト
App Links(アプリリンク) アプリケーションの特定のアプリリンクを表示します。 オブジェクト
Auto Launch(自動起動) ユーザーがOktaにサインインすると、自動的にアプリにサインインします。 ブール値
Auto Submit Toolbar(自動送信ツールバー) ユーザーがサインインページにアクセスすると、自動的にサインインします。 ブール値
Hide(非表示) 特定のエンドユーザーアプリケーションに対して、このアプリを非表示にします。 オブジェクト
Features(機能) 有効なアプリケーション機能。 文字列のリスト
Profile(プロファイル) プロパティーを指定するための有効なJSONスキーマ(OAuth 2.0クライアントアプリケーションに対してのみ使用可能)。 オブジェクト
Request Object Signing Algorithm(リクエストオブジェクト署名アルゴリズム) リクエストオブジェクトの署名に使用する必要がある、JSON Web Key Set(JWKS)アルゴリズムのタイプ。 文字列
SignOn Mode(サインオンモード) アプリケーションの認証モード。 文字列
Credentials(資格情報) 指定されたサインオンモードの資格情報。 オブジェクト
Settings (設定) アプリケーションの設定。 オブジェクト
Links(リンク) グループに関連する検出可能なリソース オブジェクト
Records Streamed(ストリーミングされたレコード) ストリーミングされたレコードの数。

[Result Set(結果セット)]オプションでStream Records(レコードのストリーミング) が選択されている場合に表示されます。

数値

関連項目

Oktaコネクター

Workflows要素

Oktaコネクターに関するガイダンス

Okta APIドキュメント