認可

Salesforceの最大5つのアカウントを認可できます。

ヒント

複数の接続を作成し、[Connections(接続)]ページから管理できます。

Salesforceへの接続を作成するとき、接続の作成に使用されるアカウントは、次のカードのいずれかをフローに追加するとき、システム管理者プロファイルを保有している必要があることに注意してください。

  • Activate User(ユーザーの有効化)
  • ユーザーの作成
  • Deactivate User(ユーザーの無効化)
  • Freeze User(ユーザーのフリーズ)
  • Remove User Entitlements(ユーザーエンタイトルメントの削除)
  • Unfreeze User(ユーザーのフリーズ解除)
  • ユーザーの更新
  • Upload Document(ドキュメントのアップロード)

新しい接続を作成するには:

  1. Workflowsプラットフォームの[Connections(接続)]タブを開くか、Salesforceアクションカードを開きます。[New Connection(新規接続)]をクリックします。
  2. [Connection Nickname (接続のニックネーム)]フィールドに、コネクタのリストに表示する表示名を入力します。ベストプラクティスとして、すべての接続に対して統一された命名規則を使用します。
  3. [Environment(環境)]ドロップダウンから、Salesforceアカウントの環境を選択します。特にサンドボックスアカウントを使用することがわかっている場合を除き、ほとんどのアカウントは[Production (本番)]環境です。
  4. [OAuth(OAuth)]ウィンドウで、Salesforceメールおよびパスワードを入力します(すでに別のウィンドウでSalesforceにログインしている場合は資格情報の入力を求められません)。カスタムのSalesforceドメイン(たとえば、yourcompany.mysalesforce.comなど)を持っている場合、[Use Custom Domain(カスタムドメインの使用)]リンクをクリックします。[Custom Domain (カスタムドメイン)]フィールドにドメインを入力し、[Continue (続行)]をクリックします。
  5. [Allow(許可)]をクリックすることで、Salesforceへのアクセスを認可します。

Salesforceカードで接続を作成した後、任意のSalesforceコネクターを使用する度に同じ接続を使用できます。すべてのアカウントを結び付けるために各コネクタの複数の接続を作成し、[設定]ページから管理することもできます。

注

ユーザーは5つの同時実行トークンに制限されます。Salesforceはいつでも、付与されている最新の5つのトークンを記憶します。6番目の接続が作成されると、最初の接続は失われます。

サポートされているスコープ

Salesforce環境で、次のOAuthスコープを有効にする必要があります。

  • api

  • web

  • refresh_token, offline_access

OAuthトークン」を参照してください。

関連項目

Salesforceコネクター

Workflows要素

Salesforce開発者ドキュメント