List Job Titles(役職のリスト)

SmartHRから役職のリストを取得します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Result Set(結果セット)

次のいずれかのオプションを選択して結果を返します。

  • [First 100 Records(最初の100レコード)]:最初に一致する100レコードを返します。

  • Stream Records(レコードのストリーミング) :一致するすべてのユーザーレコードを親フローからヘルパーフローに渡します。ストリーミングのためのヘルパーフローを選択し、カスタム拡張可能フィールドを追加できる[Streaming(ストリーミング)]入力セクションをカードに追加します。

ドロップダウン TRUE

多数のレコードを返す方法については、「ヘルパーフローを使ったレコードのストリーミング一致」を参照してください。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Streaming(ストリーミング)
Flow(フロー)

[Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create (クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]フィールドでStream Records(レコードのストリーミング) が選択されている場合に表示されます。

ストリーミングヘルパーフロー内のヘルパーカードの入力フィールドは、ストリーミングレコードを取得するために、キーRecord(レコード)(タイプオブジェクト)を参照する必要があります。状態入力値を得るには、Record(レコード)オブジェクトのキーState(状態)(typeオブジェクト)を参照します。

Flow(フロー) TRUE
Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [Record Limit(レコード制限)]フィールドを0に設定すると、レコードは返されません。

  • [Record Limit(レコード制限)]フィールドを0より大きい値に設定すると、0より大きい値から指定された最大レコード数までのレコードが返されます。

  • [Record Limit(レコード制限)]フィールドが空、null、または未選択の場合、すべてのレコードが返されます。

  • デフォルト値は500000です。

  • 有効な範囲は0500000です。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションでStream Records(レコードのストリーミング) が選択されている場合に表示されます。

数値 TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
Result(結果)
Job Titles (役職) オブジェクト(リスト)
Job Title ID(役職ID) 役職名の一意の識別子。 テキスト
Job Title Name(役職名) 役職の名前。 テキスト
Job Rank(役職のランク) 役職のランク。有効な値は199999です。 テキスト
作成日時 作成日。 日時
Updated At(最終更新日) 最終更新日。 日時
Result(結果)
Records Streamed(ストリーミングされたレコード)

ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションで[Stream Matching Records(レコードのストリーミング)]を選択した場合に表示されます。

数値

関連項目

SmartHRコネクター

Workflows要素

SmartHR APIのドキュメント