Construct

ユーザー定義入力の組に基づいてオブジェクトを作成します。

入力フィールド

  • (ユーザーにより作成されるフィールド):出力オブジェクトに作成するキーごとに、1つの入力を作成します。入力の名前が、作成されるオブジェクトのキー名になります。それぞれの入力は、オブジェクトやリストも含めて任意の型に設定できます。値は、フロー内の先行カードからドラッグされた出力フィールドを使用して入力されます。

出力フィールド

  • output:新たに構築されたオブジェクト

例として、顧客を表すオブジェクトを作成する必要があるシナリオを考えてみてください。この顧客オブジェクトには、First nameFirst nameAgeLoyaltyの4つのキーがあります。最後のキーは、顧客がロイヤリティプランのメンバーであるかどうかを示します。

関数カードを使用して、各キー名の入力を作成し、入力タイプを設定します。両方の名前フィールドはデフォルトではテキストですが、 Ageは数字、Loyaltyの値はtrueまたはfalseになる必要があります。

その後、construct関数をフローに追加して、任意のフィールドをカード入力にドラッグできます。たとえば、ロイヤリティプランのメンバーである29歳のJane Smithという顧客に対してフローを実行すると、次のような出力オブジェクトが得られます。

コピー
出力オブジェクト
{ 
"First name": "Jane",
"Last name": "Smith",
"Age": 29,
"Loyalty": true
}

この関数を使用して任意のオブジェクトを構築できます。リストを含め、あらゆる型の入力を設定できます。

高度なユースケースとして、キーの1つを実行時に構築されるオブジェクトとして定義できます。これを行うには、2つのobject constructを使用します。最初に内側のオブジェクトを定義してから、キーの1つがオブジェクトタイプである2番目のオブジェクトを定義します。最後に、最初のカード(これはオブジェクトです)の出力を、2番目のカードにあるオブジェクトのキーにドラッグします。

関連トピック

Workflowsの関数

Workflows要素