フローの構築とテスト

Workflowsコンソールではドラッグアンドドロップインターフェイスを使って独自のフローを構築します。フローの各イベントとアクションは標準搭載のコネクターに対応しているため、コードやAPIを使用しなくても他のアプリケーションと情報をやりとりできます。アプリケーションを接続し、イベントとアクションを指定して情報を入力するだけです。

はじめに

フローを構築する前に次の作業を行います。

  1. フローのカードとフィールドについて学習します。「Workflows要素」を参照してください。

  2. Oktaコネクターの接続を作成します。「Oktaアカウントの認証」を参照してください。

  3. (オプション)フローに他のアプリケーションの接続を作成します。

フローの構築

この手順では、フローの構築に必要な一連の基本コマンドについて説明します。仕組みを理解したら、実際のユースケースで使えるフローをいくつか構築してみてください。Okta Workflowsのユースケースを参照してください。

  1. Admin Console[Workflow][Workflows console(Workflowsコンソール)]に移動します。

  2. Workflowsコンソールで[New Flow(新規フロー)]をクリックします。

  3. 最初のカードで[Add Events(イベントの追加)をクリックします。

  4. イベントが発生するアプリを選択し、利用可能なイベントからイベントを選択します。

    • アプリをまだ接続していない場合は、[New Connection(新規接続)]をクリックし、必要な情報を入力します。[Need help?(ヘルプが必要?)]をクリックすると、アプリに固有のヘルプがこのウィンドウに表示されます。

    • すでにアプリに接続していているが、複数のアカウントがある場合は、使用するアカウントを1つ選択します。

  5. 2番目のカードで[Add app action(アプリアクションを追加)]または[Add function(関数を追加)]をクリックします。

    • アクションカードはアプリケーションにコマンドを送信します。イベントが発生するアプリを選択し、利用可能なアクションからアクションを選択します。まだアプリを接続していないときは、接続するよう求められます。疑問符アイコン()をクリックすると、アクションカードに固有のヘルプが表示されます。

    • 関数カードは、データをカードまたは分岐から別の論理フローに移動します。分岐やエラー処理などのロジック関数や、作成カードなどのデータ操作関数を選択できます。HTTPリクエストの実行やJSON文字列の解析を行う高度な関数を選択することもできます。疑問符アイコン()をクリックすると、関数固有のヘルプがコンソールに表示されます。

  6. フローにアクションや関数、メモをさらに追加するには、[Add Another(さらに追加)]メニューを使用します。

  7. カード間でデータをマッピングします。あるカードから出力をドラッグして、別のカードの入力にドロップします。この際、フィールド タイプが一致していることを確認してください。

    フローを構築しているときに、をクリックして任意のカードをテストできます。マッピングに問題がないか確認するには、カードを個別にテストすることをおすすめします。

  8. フローを保存するときは、[Save(保存)]をクリックするか、CTRL+S(Windows)または⌘+S(macOS)のキーボードショートカットを使用します。まだフローに名前を付けていない場合は、ここで名前を付けることができます。

    必要に応じて、フローを手動でテストする場合は、[Add Another(さらに追加)]メニューから[Save and Test(保存してテスト)]オプションをクリックします。

フローのテスト

イベントカードへのデータの手動入力と、アプリ自体でのイベントのトリガーという2つの方法でフローをテストできます。[Save and Test(保存してテスト)]メニューオプションを選択した場合、手動による方法のステップ2に進みます。

フローが有効になるまで約60秒かかります。フローを保存して有効にしたら、1分間待機してからそれをトリガーします。

データの手動入力

  1. Workflowsコンソールで[Test Flow(フローのテスト)]をクリックします。

  2. [Check for new data(新しいデータの確認)]ウィンドウで、カードフィールドにテストデータを手動で入力します。

  3. [Test(テスト)]をクリックします。コンソールビューにフローの進捗が表示されます。実行に成功したカードの名前フィールドにはチェック マークが表示されます。

  4. フローでエラーが発生した場合、詳細を確認し、[Back to Flow(フローに戻る)]をクリックして修正します。

アプリでのフローのトリガー

  1. Workflowsコンソールで[Flow is OFF(フローがオフ)][ON(オン)]に切り替えます。

  2. フローを実行するには、[Run(実行)]ボタンをクリックするか、CTRL+SHIFT+ENTER(Windows)または⌘+SHIFT+ENTER(macOS)のキーボードショートカットを使用します。

    フローがイベントカードからトリガーされるときは、フローをアクティブ化するテストイベントを作成できます。

    • Oktaでイベントが発生する場合は、フローをトリガーするアクションを管理コンソールから実行します。たとえば、ユーザーがSalesforceアプリに割り当てられるたびにフローが実行される場合は、[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]に移動し、Salesforceにテストユーザーを割り当てます。

    • イベントが別のアプリケーションからトリガーされる場合は、アプリに移動してアプリからテストイベントをトリガーする必要があります。

  3. フローの進捗を確認するにはWorkflowsコンソールに戻ります。実行に成功したカードの名前フィールドにはチェック マークが表示されます。

  4. フローでエラーが発生した場合は、詳細を確認し、[Back to Flow(フローに戻る)]をクリックして修正します。

実行履歴の確認

過去30日間のすべてのフロー実行のログを[Execution History(実行履歴)]ページで確認します。実行履歴ペインは、完了したOkta Workflowsと進行中のWorkflowsで並べ替えることができます。

実行履歴からレコードを選択すると、フローのすべての実行がWorkflowsコンソールに表示されます。

  • [Execution Details(実行の詳細)]ウィンドウには、フローの結果、時間、時刻が表示されます。
  • 入力フィールドと出力フィールドにはあらかじめ情報が入力されており、各カードの正常な実行にかかった時間が緑のチェック マークの下に表示されます。
  • フローが停止した場合、無効なデータを含むカードがエラーとしてマークされます。
  • 他のアプリケーションから未加工のエラー情報が提供された場合、デバッグのためにその情報が含まれます。
  • フローを有効にした直後にフローをトリガーすると、そのフローが実行履歴に表示されない場合があります。1分待ってから再試行してください。

関連項目

Workflows要素

アプリケーションの接続

ユースケースチュートリアル